「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

読書メモ「共産主義の系譜」の1

職場の昼休みに「共産主義の系譜」を読んでいるおっさん。

 

 

「こいつは赤色革命を目指している危険分子に違いない。なんだか『コンギョ、コンギョ』と変な北朝鮮の歌も歌っているし」ということで、職場にいられなくなる日もそう遠くないかもしれない、今日このごろ。

 


北朝鮮音楽『攻撃戦だ』(カタカナ歌詞・漢字併記)

 

 

それはさておき。

 

P.12

「すべての政権は腐敗する。絶対的な権力は絶対的に腐敗する」というアクトン卿の言葉

 

 

なんだかどこかで見たことのあるような文言ですが、アクトン卿という人の言葉だったのか?で、アクトン卿って誰?

 

ジョン・アクトン - Wikipedia

 

 

グラッドストーンとディズレイリ、ホイッグとトーリーとか世界史で習いましたな。

 

 

新版 増補 共産主義の系譜 (角川ソフィア文庫)
 

 

紀の川北岸自転車生活 夜勤明けサイクリングは再度和歌浦へ

きのうは夜勤明け、天気が良かったので中央郵便局に行ったついでにサイクリングに行くことにしました。

 

 

和歌浦についたら、まず途中で買った焼き鳥で腹ごしらえ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190120213952j:plain

焼き鳥2本、肝焼き2本、つくね1本。650円也。

 

 

前から小学生が買い食いしているのを見かけていて食べたかったお店なんですよ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190120214120j:plain

また自転車で小腹がすいたら立ち寄ろう

 

 

おっさんは肝焼きが特に美味しく感じました。レバーって自分で料理すると妙にぱさついたりして美味しくないんですけど、お店のものはやっぱり美味しい。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190120214334j:plain

晴れて日当たりが良かったので、海辺でのんびり

 

軽くお腹に食べ物を入れて、持参していた「承久の乱」をのんびり読むと、仕事上の失敗を忘れ・・・たりはしないのですが、気持ちは少しすっきりしました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190120214559j:plain

少し高台にてGravier号を久しぶりで撮影

 

汚すぎて明るいところではGravierの写真が撮れません。

下を覗きこんでみると、わりにきれいな海の色。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190120214710j:plain

海は案外きれいなのでした。

 

 

「釣りをしたい」とか言いながら、海を覗きこんでも「あの辺は良いポイントかも?」とか思わないおっさんは、そもそも釣りが向いていないのかもしれません。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190120215006j:plain

分岐。今日は初めて右に行ってみました

 

 

写真を撮ったところからもう少し先にある分岐で、初めて右に入ったのですが、すぐに下りになってしまったので、分岐のあとの小さな道をきっと右に入らねば山の方には出なかったのですね。

 

 

頂上には展望台があるようです。

高津子山(章魚頭姿山) | 和歌祭公式サイト

 

 

おっさんの脚力で頂上まで行けるのかわかりませんが、機会があれば今度チャレンジしてみたいと思います。

 

 

左に行って雑賀崎の方に抜けるとわりに景色(眺望)がいいので、この道は走っていて楽しいんですよね。昔、和歌浦にきたときはもっと廃墟めいた建物が多かったように思うのですが、新しく手が入っているのですね、きっと。

 

 

サイクルアプリの記録。

 

 

中央郵便局についてからアプリをオンにしたので、距離は短く出ているし、途中本屋に立ち寄った時間止めるのを忘れたので時間は長く出ています。

 

 

近頃、本屋に行くと欲しい本がやたらと目につきます。全然、本を読めていないのに。

読書メモ「承久の乱」の1

P.40

近年、櫻井洋子氏が(中略)頼朝が望んだのは「将軍」を越える権威を持つ「大将軍」の号だったこと、朝廷も「征東」「征夷」「惣官」などから消去法的に「征夷」「大将軍」を選んだことを解明した。頼朝は都から遠く離れた東国で、非常の大権を行使し得る征夷大将軍を強く望んだとする従来の学説が否定されたのである。

 

征夷大将軍 - Wikipedia

 

Wikipediaの「征夷大将軍」の項にも反映されているようです。

 

櫻井陽子 - Wikipedia

 

で、その論文「頼朝の征夷大将軍任官をめぐって」は下の「明月記研究」に所収されているようです。

 

明月記研究―記録と文学〈8号〉

明月記研究―記録と文学〈8号〉

 

 

 

なんだかこういう新事実が明らかにされていくのって、ドキドキ、ワクワクしますね。実際に史料から新事実にぶち当たる研究者の方はもっとドキドキするんでしょうけど。

 

 

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

 

 

おっさんのモノばかり買っているので、まなさんのモノも買いました

 

f:id:oldtypeossan:20190116234430j:plain

かわいいなあ、まなさん。栗色のお腹の毛、大好きじゃあ

 

 

最近、まなさんを褒めながら、

♪ なんでこんなにかわいいのかよ、まなという名の宝物 ♪

大泉逸郎の「孫」の替え歌を歌っているおっさん。

 

 


大泉逸郎/孫

 

おっさんの買い物ばかりでは申し訳ないので、まなさんのノミ取りくしを買いました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190116234755j:plain

ずっしりと重くて、すてきなくしです

 

 

岡野 ONS 高級ノミ取り櫛 小

岡野 ONS 高級ノミ取り櫛 小

 

 

 

ノミも取れるのでしょうが、おっさんはまなさんのあごの下の白い毛に出てくる、ゴマ状の黒い脂の汚れを取りたいなと思い購入しました。きのう、使ってみたところきれいに汚れが取れて、買ってよかったなとおっさんは一人で感動していました。

 

 

おっさんの爪であごの下をこすると、まなさんの皮ふが赤くなってかわいそうだったのですが、そんな事にならずに、ゴマ状汚れはきれいに取れました。 

 

 

まなさん、もっとまなさんの美人度を上げていこうね。

あーあ、また買っちゃいましたよ

先日の夜勤明けサイクリングの際、職場から和歌浦に向かう途中で、おっさんは尿意を催しましてトイレに行きたくなりました。 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

そんなわけで、途中にあるホテルの1階でトイレを借りて、そのままトイレだけ借りて出ていくのも風が悪いということで、同じく1階にある書店を覗きました。すると、不思議なことに書店から出てきたときには本を3冊も持っていたんですな。

 

 

あれー、不思議。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190116232645j:plain

また積んでいる本が増えました

 

 

応仁の乱」「観応の擾乱」ときて、「承久の乱」ですよ。

「乱、乱、乱」ですよ。

 

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

 

 

 

時代がだんだんさかのぼっているので、次は「保元・平治の乱」ですかね?

 

 

共産主義の系譜」は、先月中頃に本屋に行った際に会計をしてからレジ前の棚で発見したのですが、「あかん、あかん、今回は我慢」と思ったのですが、結局買ってしまいました。

 

新版 増補 共産主義の系譜 (角川ソフィア文庫)
 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

 AmazonKindle Unlimitedで「いまさらですがソ連邦」という本を読んだのですが、ナロードニキ運動とかアナキズムとかボリシェビキとかメンシェヴィキとか、名前は知っているけれども、それらの思想的な違いをうまく区別できないぜと思い、やっぱり「共産主義の系譜」を買おうと思いました。

 

いまさらですがソ連邦

いまさらですがソ連邦

 

 

 

で、和歌浦漁港の堤防で温かいペットボトルの飲み物と甘い目のパンをたっぷり食べながら、少し本を読みました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190116234002j:plain

いいお天気の和歌浦漁港

 

なんだか、それだけのことで幸せな気持ちのなれるのですから不思議なものですね。

 

紀の川北岸自転車生活 久々、夜勤明けサイクリングで和歌浦へ

きのうは夜勤明けだったおっさん。

とても良いお天気で日差しが暖かかったので、和歌浦にサイクリングに行きました。

 

 

目的地は和歌浦天満宮

 

f:id:oldtypeossan:20190115224317j:plain

和歌浦天満宮を見上げる

 

 

大した距離の階段ではないのですが、おっさんけっこう恐恐でしっかり手すりを握って登り降りしました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190115224511j:plain

階段を登りきって振り返るとこの景色

 

 

f:id:oldtypeossan:20190115224602j:plain

門内から見ると、こう見えます。

 

 

f:id:oldtypeossan:20190115224706j:plain

下りはこんな感じで、敷石はこの辺りの石でけっこう荒い感じです

 

 

帰りは、和歌浦の観光ホテルが立ち並ぶ道をのんびりと走りながら帰ってきました。今度は和歌浦天満宮のすぐご近所の紀州東照宮に行ってみようと思います。

 

 

きのうのサイクリングの距離と時間。

 

おっさん、Amazonプライムビデオで「執事西園寺の名推理」を見た

今日は担当している入所者さんの金銭の精算をした際に、立替払いをしていた年賀状の代金を精算し忘れて、こりゃー自腹になってまうんではないかいと落ちこんでいるおっさんです。

 

 

帰り道、自転車をこいでいるときに、不意に思い出しました。ああ。

 

 

それはさておき。

おっさんはAmazonプライムビデオで「執事西園寺の名推理」というドラマを見ました。

 

執事 西園寺の名推理 - Wikipedia

 

第01話

第01話

 

 

 

おっさん、以前「遺留捜査」もAmazonプライムビデオで見てしまったように、上川隆也さんがなんとなく好きなんですよね。ちょっと歳上なんですが、あんなふうに細くてかつマッチョで、男前ならいいだろうなあという憧れなんでしょうか。

 

 

しかし、上川隆也演じる執事西園寺のお仕えする伊集院百合子役の八千草薫さんのかわいらしいこと。お年を召してこれほどかわいいならお若い頃の作品も見てみたいわと思いました。

 

八千草薫 - Wikipedia

 

今回、Wikipediaを見るまで、宝塚出身であることも知らなかったです。

 

 

で、あとは城南警察署の女性刑事のパンツスーツのお尻が最高すぎると思い、Wikipediaで確認してみたところ、桜乃彩音さんでした。

 

桜乃彩音 - Wikipedia

 

八千草薫さんの後輩に当たるタカラジェンヌ

さすがおっさんや。メガネをかけていてタカラジェンヌらしい美貌がわかりにくかったにもかかわらず、「これはいいお尻(いい女)や」とピンときました。

 

 

テイストは昔やっていた「謎解きはディナーのあとで」と同じ感じでしょうか。というか、おっさんはあれのパロディ(もともとのドラマもパロディでしたけど)かと思いながら見始めたのですけれどもね。

 

謎解きはディナーのあとで (テレビドラマ) - Wikipedia