「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

「煮こごり」の朗読、おもしろかった

仕事から帰宅したあと、夕飯を食べて、「クラシックの迷宮」を聞きながら座椅子の上で眠ってしまったらしく、日付が変わってから目が覚めました。

 

www4.nhk.or.jp

 

 

「眠れない貴女(あなた)へ」を久しぶりで聴いたな。

 

www4.nhk.or.jp

 

 

その後、ぼんやりと聞き続けていると、「ラジオ深夜便」内の小説の朗読が面白く聞き入ってしまいました。

 

 

井上荒野の「煮こごり」という短編だったのですが、下の文庫本に所収(収録?)されているよう。

 

 

ベーコン (集英社文庫)

ベーコン (集英社文庫)

 

 

 

すこし読んでみようかなという気が起きていますが、はたしてほんとに読むのやら。

 

 

ところで、この井上荒野という作家さん、井上光晴の長女なのだそうな。

井上光晴ウィキペディアを眺めていたところ、

 

 瀬戸内寂聴自身が告白したものによれば寂聴の出家仏門入りの動機は、井上との関係清算という動機によるものだったという。

 

との記載を見つけました。

職場の施設で、瀬戸内晴美の小説を読んでいる入所者さんに「瀬戸内晴美ってなぜ出家したの?」と尋ねても、「そんなん知らんよ」と釣れない返事だったので、ひとつ謎がとけました。

おっさん、友人と神戸で飲み食いする

前回の休みの日、おっさんは友人と約束して、神戸で飲み食いしてきました。

 

 

本当は、約束の時間よりかなり早く神戸に到着しておこうと思っていたのですが、まなさんをひざの上に乗せて、知らぬ間にうたた寝していました。

 

 

和歌山から南海線で難波へ。

難波から阪神の支線で尼崎へ。

 

 

いやー、難波から阪神に乗れるのは相変わらず慣れないですね。ちなみにおっさんの母方の祖父(とはいえ、たぶん血の繋がりはない、おっさんの家系は複雑なんです)は、大物という尼崎の一つ東の駅周辺に住んでいたので、阪神電車はなじみのある電車です(ああ、阪神沿線というだけでお里が知れる)。

 

 

それでも、一時間ほど約束より早く着いたので、ムジカティーに行くことにします。

 

TeaHouseムジカ神戸店(2F)|喫茶・軽食|三宮センター街3丁目

 

 

f:id:oldtypeossan:20180524205113j:plain

 

 

ちょうど神戸まつりの日だったので、パレードと相まってえらい人出です。結構適当にこのあたりかな?という感じで移動したのですが、あっさり到着しました。

 

 

お店でいただいたのは、「上級キーマン」。

おっさん、中国紅茶のスモーキーな味わいはとても好きです。ポットでたっぷり3杯分はありました。紅茶を飲みながら、持っていった新書本を読む。至福の時間ですね。

 

 

友人と合流したあと、友人おすすめの「フロインドリーブ」で職場へのお土産を購入。

 

freundlieb.jp

 

 

その後、友人が予約しておいてくれたお店に移動。

おっさんの貧相な格好に似合わぬお高そうなお店です。

 

 

www.kitano-garden.com

 

restaurant.ikyu.com

 

 

リンク先の写真でもわかると思うのですが、お庭がとてもきれい(昔は商船会社の社長のお家だったらしいです)で、しかもご飯の最中に、近所の子猫2匹が飛びこんできて走り回ってくれるなど、おっさんにはたまらない展開でした。

 

 

おひとりさま、7,000円台のコースだと思うのですが、おっさん会計の際に、

 

1.お腹が痛くなったふりをしてトイレに行った

2.電話がかかってきたふりをして外に出た

3.別のお客さんに知り合いのふりをして声をかけた

4.従業員の女性をナンパして会計から目をそらした

5.その他

 

1~5のいずれかの手段でごちそうになったので、正確なお会計はわからないのです。メインの肉料理の羊も美味しかったし、お腹もいっぱいになったので、とても満足できました。

 

 

メインの肉料理、鳩も選べたので鳩にすればよかったかなと少し後悔。

だって、このあといつフランス料理を食べるかおっさんの経済状況ではわからないですもんね(人生最後のフランス料理かもしれないですしね)。

 

 

そのあとは、友人の行きつけのバー、「Puzzle」へ。

 

www.facebook.com

 

 

ジンにこだわりのお店で、おっさんは「レモンピール」のジンと「紫蘇」のジンをいただきました。さすがにここの会計はおっさんがお支払いしました。

 

 

でも帰りに友人から「コーヒーやるわ」といわれ、お土産までいただきました。

 

f:id:oldtypeossan:20180524212009j:plain

 

 

f:id:oldtypeossan:20180524212028j:plain

 

自宅でペーバードリップしたところ、ブラックで飲んでもミルクを入れても美味しいコーヒーでした。

 

 

あれ?

一緒に飲み食いしたつもりが、完全に「たかり」にいった成功日記みたいになってるな。ごめんなさい。そんなつもりじゃなかったんだ。

おっさん、まなさんのトイレ掃除をする

f:id:oldtypeossan:20180524201853j:plain

 

まなさんがキーボードの上に座るので、ノートパソコンのキーボードが若干波打ってきているのが、気になるおっさんです。

 

 

そりゃあ、5kgの物がキーボード上に乗ることを想定して強度を出してないよね。

 

 

それはさておき。

おしっこシートの交換後でもまなさんのトイレの臭いが気になるので、夜勤出勤前にまなさんのトイレを掃除することにしました。

 

 

浴槽に水を張り、キッチンブリーチをキャップ1杯加えて、ばらしたまなさんのトイレを漬け置きしました。

 

 

やっぱりけっこう汚れているものですね。

おそらくこのせいで臭いが出ていたのでしょう。

 

 

清掃後、トイレ砂も新しいものに交換しました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180524202641j:plain

 

 

いままでは「飛び散らない消臭・抗菌サンド」というのを使っていたのですが、けっこう重めのジャラジャラという音がかえってまなさんを興奮させているように感じたので、緑茶成分入りのより臭いに特化したタイプを購入しました。

 

 

デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド 4L

デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド 4L

 

 

 

デオトイレ 飛散らない緑茶成分入り・消臭サンド 4L
 

 

 

粒が軽いので、トイレの外にまなさんがかき出してしまう可能性はありますが、体の大きなまなさんがその気になれば、従来のものでもガンガン外に出ていたので、もういいやって感じです。

 

 

いまのところ、ジャラジャラ音と重めの手応えがなくなったせいか、従来よりはトイレ砂を外にまでかき出す行為はないように思います(トイレの臭いが減ったせいで、トイレ砂のせいではないかも知れませんけどね)。

グリーンカーテンへの挑戦。第一歩。

今日も5時に起こされたおっさんです。

おっさんを起こしたあと、まなさんはプーさんのお昼寝マット(折りたたみ可)の上で気持ちよさそうに眠っています。そこ、ほんまはおっさんの座布団代わりなんやけどな。

 

 

それはさておき。

昨年、7月になってから見切りのゴーヤをベランダに植えたおっさんですが、今年はグリーンカーテンを構築するとともに、夏野菜を食卓にも提供しようということで、早くもベランダに植物を植えました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101123j:plain

プランター1、トマトとマリーゴールド

マリーゴールドは「夏野菜に病害虫がつきにくくなる」とのホームセンターのくすぐり文句に負けて購入。子どもの頃に弟が植えていて以来なので、40年ぶりぐらいのマリーゴールドだ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101216j:plain

じょうろと鉢1のトマト。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101257j:plain

プランター2、ゴーヤーとキュウリ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101328j:plain

鉢2、四角マメ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101357j:plain

鉢3、キュウリ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101421j:plain

プランター3、キュウリ(夏すずみ)とマリーゴールド

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101519j:plain

プランター4、ゴーヤーとマリーゴールドとキュウリ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180520101551j:plain

プランター5、ゴーヤー二株と、マリーゴールド

 

 

あとはベランダ外面と内面(窓の外)にグリーンカーテンのネット。

これだけ植えれば、一株や二株がアクシデントで枯れたとしてもいくらかは収穫できるでしょうし、日陰も作ってくれるでしょう。

 

 

プランター、土、じょうろ、ネット、植物全部で6,500円ぐらいでした。値段より原付でこれらをちょぼちょぼとホームセンターから持ち帰ってくるのが大変でした。

 

 

うまく植物たちが育ってくれたら、簡易マットをベランダにひいて蚊帳を吊り、寝袋で涼しいベランダで眠ると、クーラーいらず。

 

 

葉が茂りまくったら、まなさんが一枚や二枚、葉を噛みちぎりまくっても問題なし。

 

 

なんかロマンがあるなあ。

おっさんとまなさんの秘密基地みたいやんか。

 

 

秘密基地かつエセキャンプ。加えてベランダ農園。

 

 

「ゴーヤーとキュウリばっかり食べて、今月食費が浮きまくり。お財布からお金が減らないぞ」なんてことになったらどうしましょう。

おっさんの癖

きのう、早番で5時に起きるところ、なぜか4時30分に目が覚めたので、まなさんに早めにご飯をあげたところ、今日も4時30分に起こされました。

 

 

まなさんの最近の起こし方は、おっさんの顔を舐めるというかわいらしい起こし方ではなく、5kgオーバーの体重を活かした、おっさんの胸へのジャンピング。5kgのものが胸に乗っかってくると息がつまります。

 

 

今日は妙に胸が痛いので、下手すると肋骨が軽く折れているかも。

 

 

それはさておき。

職場で「いじめっ子の権化」のように言われるおっさんですが、嫌な人がいる昨今、相手を消すよりも自分を消してしまおうかと、辞めたくなっています。

 

 

若い頃から自分を消したい願望みたいなのがある(たぶん、自殺しなかったのは世間から「負けた」と思われるのが嫌だったから)し、うつの経験者なので、あまりに強くなるようなら要注意ですが、まあ、今は自分の癖として自覚できているので大丈夫でしょう。

 

 

なんか、おっさんの担当している居室のTさんに気に入られようと、新人のIさんがいろいろ策を弄するのがとてもうっとうしく、IさんのTさんに対する「僕以外の職員にパット変えさせたら嫌やで。約束してや」って言葉を聞いたときには「なんやねん」と思いました(久々で怒鳴って怒ろうかと思ったのですが、「やれやれ、おっさんがまた怒ってやがるぜ」ぐらいに周りの職員に思われそうなのでやめました)。

 

 

せっかく気難しいTさんがすべての職員から介助を受け入れてくれるようにしようと、いろいろ説得しているのに、逆行するようなことを吹きこむなよ。

 

 

いやいや、嫌な相手に負けている場合じゃないです。

気を強く持って頑張らなければ。

でも、きのうは早番で、その人がまた並外れて早く出勤してくるので、嫌で嫌でしょうがなく朝から憂鬱でした。

 

 

すぐに辞めるつもりはないにしても、新しく取得した資格の県の会(単位会)にも登録して人脈を広げたり、見聞を広げるために資格に関する本を読んだりするとともに、ボツボツお金をためて車の運転免許を取りに行きましょうかね。

読書量を増やすための読書記録34 文豪の食彩

前回の「ハリー・ポッターと賢者の石」にひき続き、今回もAmazonプライムで無料で読める本を読んでしまいました(しかも本と言いつつ漫画)。

 

文豪の食彩

文豪の食彩

 

 

 

夏目漱石正岡子規樋口一葉永井荷風芥川龍之介太宰治の6人の文豪にまつわる食べ物の話を漫画で描いています。

 

 

しかし、この漫画を読んでいて、多少は読書好きと思いつつも全然本を読んでいないなと反省と後悔が押し寄せます。

 

 

芥川龍之介は彼の「王朝物」が好きだったので多少は読んでいますが、夏目漱石は「草枕」、「坊っちゃん」、「こころ」程度、太宰治は「走れメロス」と「人間失格」(途中で投げ出しているかも)、正岡子規樋口一葉永井荷風はたぶん全然読んでないですね。あー、恥ずかしい。

 

 

先代猫の「ちよさん」と同居するようになって来年で10年。

猫つながりで「吾輩は猫である」と内田百閒の「ノラや」ぐらいは読むようにしましょうかね。

 

 

吾輩は猫である〈上〉 (集英社文庫)

吾輩は猫である〈上〉 (集英社文庫)

 

 

 

吾輩は猫である〈下〉 (集英社文庫)

吾輩は猫である〈下〉 (集英社文庫)

 

 

 

ノラや (中公文庫)

ノラや (中公文庫)

 

 

 

前回

oldtypeossan.hatenablog.com

 

おっさんの夢(寝ている時に見る方)のお話

きのうの健康診断(と書きましたが実は腰部レントゲン)は、結局職場に確認に行ったところ17時からで、夕方までは暇でした。これなら、朝早起きだったし(昼寝したけど)、葵祭に行けばよかったなと思いました。

 

 

ああ、相変わらず粗忽なおっさんです。

 

 

それはさておき。

昨晩も職場の夢を見ました。

近頃、夜勤の仮眠の際は、ほぼ必ずと言ってもいいほど職場の夢、しかも入所者さんがこちらの指示に従わず、想定外のことをした(厨房の人が風呂に入っているのを覗く、買い物に出かけると言って出入り口に殺到する等)ために、職場の上司や先輩に叱責される夢を見ます。

 

 

いろいろ疲れているんでしょうかね?

仕事がいき詰っているといえばいき詰まっているし、そのへんの気分の問題も大きいのかな。