読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

あと出しジャンケン風に唐突ながら今年の目標

自転車 備忘録 Honda Solo

唐突ながら、今年度ではなく、今年の目標は

 

「継続は力なり」

 

 

というのも、昨年の11月に購入して乗り始めた自転車がいちおううまく続いているので、目標として掲げても笑われるまいという卑怯な心から、いまごろ今年の目標は掲げてみました。

 

 

自転車を始めて4か月が経ち、お腹と背、脇腹、どちらもタル型だったおっさんのお腹に、なんとウエストのくびれが出現してきました。

(それでも脇腹はタップタプで、お腹はポッコリお腹ですが)

 

 

体のダウンサイジングが目標なので、表面的な体重の減少よりも、ウエストのくびれの方がうれしい変化ですね。

 

 

おそらくこれから灼熱の夏場に近づくに連れ、おっさんの自転車乗りの頻度は下がり、反対に快適な原付Soloに依存していくと思うのですが、それでも通勤は自転車でやっていけそうなので、今年の目標は、

 

「継続は力なり」です。(しつこい)

読書量を増やすための読書記録7 「社会学入門」

タイトルとは裏腹に全然増えていかない読書記録。

ただ、何冊か読み終えた本はあるので、なんとか記録を書いていきたいですね。

 

 

社会学入門―人間と社会の未来 (岩波新書)

社会学入門―人間と社会の未来 (岩波新書)

 

 

 

記述の字数不足で「不合格」となり返却された、「社会理論と社会システム」(旧社会学)の参考になればと、Amazonで購入した「社会学入門」。

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

教科書的な社会学発生の経緯やいままでの社会学者の説の列挙を期待して購入したのですが、残念ながらそういう本ではなく、著者見田宗介がいままでにあちこちに発表してきた社会学的な視座を持った論を一冊に集めたもの。

 

 

書き下ろし部分は一章しかなく、ある程度社会学の教科書的な勉強を終えて、新たな視座を得ようとする学部生が対象なのかなと思いました。

 

 

故に、おっさんのレポートにはなんの影響も与えず、おっさんとしては得るものはほとんどなかったかなという感じです。

 

ただ貝紫について書いたP.57~は面白く読みました。

 

貝紫色 - Wikipedia

「ダ・ヴィンチ・コード」を見た

Amazonプライムビデオ Fireタブレット 映画

ウォッチリストには入れていたものの見ていなかった「ダ・ヴィンチ・コード」が、プライムビデオからはずれるとの表示で、慌てて見てしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

おっさん、あんまり聖杯伝説とかに興味はないのですが、「アメリ」でブレイクしたオドレイ・トトゥを見てみたいなと思いまして(「グリーン・デスティニー」のチャン・ツィイーといい、今作のオドレイ・トトゥといい、おっさんは女優さんの姿を見たいがために映画を見ていると言っても過言ではないですね。要はスケベなんです)。

 

 

アメリ [DVD]

アメリ [DVD]

 

 

 

アメリ [Blu-ray]

アメリ [Blu-ray]

 

 

 

シリス帯?とムチ打ちで自分を傷つける苦行を行っているシーンがありましたが、おっさんはインド旅行中にヒンズー教のムチ打ちの苦行を、アウランガーバードだったか?で、祭礼の際に見たことがあります。突然目の前にやってきて、自分の背中を自分でむち打って、布施を要求されるのですが、もちろんおっさんは支払わず、相手は憤慨してました。

 

アウランガーバード - Wikipedia

 

 

イスラムシーア派でも同様な苦行を行うと聞いたことがあるので、まあ宗教の教義の内容はともかくとして、行う苦行にはそれほどバリエーションはないのかなと感じました。

 

 

結末については、

 

神の女性的な面をギリシア語では『ソフィア』っていうんだ。

 

との説明を「ソフィーの世界」のP.239~240で見ていたので、ヒロインの名前にはそういう意味が最初からあって、解る人にはネタバレ状態だったんだなと納得。 原作小説もありますが、おっさんは映画で充分お腹いっぱいになりました。

 

 

 

 

 

 

紀の川北岸自転車生活 おっさん、凹む

自転車 YouTube 在宅 Giant Gravier(2017)

YouTubeを見て凹みました。

 

 


自転車でキャンプツーリング 神奈川から紀伊半島へ 後編 研修医夏休みクロスバイクの旅

 

 

THURSDAYBOMBERさんの動画は、以前もリンクしたことがあるのですが、自転車で神奈川から紀伊半島(大阪まで)を7日間で走りきっています。

 

 

しかも、疲労がたまっていそうな最終7日目に、いまのおっさんの脚力では到底越えられない雄ノ山峠をらくらく越えて、80kmほどを走りきって、海南のマリーナシティから新大阪駅にたどり着いています。

 

雄ノ山峠 - Wikipedia

 

 

ちなみにこの人が乗っているのは、CORRATECのSHAPE WAVE 2というクロスバイク

 

CORRATEC │SHAPE WAVE (シェイプウェイブ) | クロスバイク選び方道場

 

 

もっと、自転車のエンジン(おっさん自身)を鍛えねばと凹みました。

年齢も違うし、この人はおっさんの倍ぐらいありそうなムキムキの方なのですが、それにしても同じ人間なのに、ヒーコラ言いながらなんとか泉佐野にたどり着いて、やっとこ戻ってきているおっさんとは大違いです。

 

 

あまりにも悔しいので、おっさんは自分のクロスバイク、グラビエにもっと頑張って乗りたいと思います。

「グリーン・デスティニー」を見た

Amazonプライムビデオ Fireタブレット 映画 在宅

未見だったので、Amazonのプライムビデオで見てみました。

 

 

 

 

 

 

グリーン・デスティニー」とはなにかと思えば、剣の名前なんですね。

つまりは「ストームブリンガー」とか「ルクナバード」もしくは「エクスカリバー」ってタイトルの映画があってもおかしくないということですか。というか、「エクスカリバー」はあるかもしれないな。

 

(やっぱりありますね、「エクスカリバー」。

 エクスカリバー (1981年の映画) - Wikipedia )

 

 

それはさておき、「初恋のきた道」でブレイクしたばかりのチャン・ツィイーですが、えらくひねくれた男勝りな役どころですね。「初恋のきた道」みたいなかわいこちゃん役ばかりが集まってくるのを避けたかったのでしょうか?

 

初恋のきた道 [DVD]

初恋のきた道 [DVD]

 

 

 

映画として、面白くないとは思わないのですが、あざとすぎるワイヤーアクションがおっさんはいまいち好きになれませんでした。ところどころでアクセントとして効かせるからワイヤーアクションが活きるのであって、多用しすぎると現実離れすると思いました。

 

 

結末も、おっさんはいまいちピンときませんでした。

「ナバロンの要塞」を見た

Amazonプライムビデオ Fireタブレット 在宅 映画

見た映画がどんどんたまっていってるので、雑感を書かなくては。

たまってきているので、どれを先に見たのかわからなくなってきているのです。

 

 

 

 

見た感想は、画面が暗い。

子どもの頃、テレビの映画枠で見た覚えがあるのですが、よくこのくらい画面の映画を見たなと自分を誉めたいです。

 

 

マロリーが挑戦前は、「昼間でも登りたくない」と言っていた島の南側の崖を、荒天の夜にあっさり登ってしまうのは、正直拍子抜けな感じでした。

 

 

それに戦いに慣れているはずのパパディモスが、ろくに見も隠さずに銃を乱射したりと、あまり納得の行かない点もありますが、楽しめる?戦争映画でした。

 

 

主人公の登山家の姓がマロリーなのは、やはり「そこに山があるから」のマロリーにあやかっているんでしょうかね?

 

ジョージ・マロリー - Wikipedia

紀の川北岸自転車生活 夜勤明けサイクリングで和歌山マリーナシティへ

自転車 和歌山 おでかけ Giant Gravier(2017) SC-02E

帰宅したらお昼ごはんを食べてサイクリングに出かけようと思っていたのですが、不覚にも眠ってしまいました。

 

 

そりゃそうか、昨夜はほとんど仮眠できなかったから。

以前書いた、「フランク、ジャズを歌う」でも眠ることができませんでした。

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

最初にジョアン・ジルベルトで眠ろうとして眠れなかったのが、全ての失敗の素だったのかもしれない。

 

 

Chega De Saudade

Chega De Saudade

 

 

 

おかしいな、ボサノバなんか最高に眠れそうなのにな。

 

 

1時間半の睡眠から目覚めて、4時にサイクリングに出かけることにしました。

 

 

とりあえずJRの和歌山駅へ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320193112j:plain

 

 

最初は、北隣の近鉄百貨店の地下で御座候の大判焼きを赤白1つずつ買って、食べて帰ろうと思っていたのですが、もう少し走りたい気がしたので、国体道路を南に下ることにしました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320194021j:plain

 

 

浜の宮の海水浴場を橋の上から眺めて、

 

 

反対側もパシャリ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320194126j:plain

 

 

なんだかちょっとシュールな景色。

向こう側の煙突は海南の火力発電所(のはず)。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320194218j:plain

 

 

たどり着いたのはポルトヨーロッパ

これがヨーロッパなのかどうかは、ヨーロッパに足を踏み入れたことのないおっさんにはわかりません。

 

 

しかし、なぜ職場の仮眠ベッドは、どこでも寝られるおっさんをして、眠りにつかせないのか。

 

 

ちなみにおっさんは中国の電車の硬座でも、インドのツーリストバスじゃない普通の地元の人ばっかりのバスでも寝た、眠りの強者なのに、職場の仮眠ベッドでは寝られないのです。

 

 

あのベッド、なんか憑いているんじゃないだろうか。

 

 

本日のサイクリングは34.29km、2時間7分30秒でした。