「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

紀の川北岸自転車生活 夜勤明けポタリングで保護猫カフェを発見する

本日は夜勤明けのおっさん。

今回の夜勤は、眠りに落ちようとするたびに何かが起こり、非常に辛い夜勤でした。というか、下半身むき出しのおばあちゃん(おばちゃん?)を、こんなに何回も見たのは初めてでした。

 

 

こんな日は帰宅後の昼間に寝てしまうと、起きてからきっと体がすごくだるいので、ひやむぎを食べたあと、ゆっくりと水出し紅茶を飲んでから和歌山中心街にポタリングに出かけることにしました。

 

 

和歌山中心街という表現を使いましたが、和歌山は中心となる繁華街がなく、のっぺりとした街がダラダラと続く感じです。県庁所在地として、この都市計画は明らかに失敗しているとしか言い様がないと思います。

 

 

ダラダラした街をダラダラとポタリングしたあとで、昔の和歌山の中心地ぶらくり丁までやってくると、そこに保護猫カフェなるものを見つけました。

 

 

保護ネコカフェ ハッピーキャット

 

www.nwn.jp

 

 

おっさんが以前一緒に暮らしていたちよさんも、いま一緒に暮らしているまなさんも、拾った猫なので一匹でも多く、里親さんの所に行けると良いなあと思いました。

 

 

まなさんは、拾った公園の前のマンションのゴミ捨て場の魚をボリボリ食べていて、そこのマンションのカップルが「かわいい」とか言ってたので、もしその人達が拾っていたら、おっさんとは暮らしていなかったでしょうに、不思議なご縁でおっさんと一緒に暮らしています。

 

 

拾った時は毛艶も悪かったのに、いまはツルツルのきれいな毛艶のまなさん。ゴミ捨て場の魚を食べていたこととか覚えているんだろうか。

 

 

それはさておき、ペットショップのアビシニアンとかもいいですが、拾ったもしくは里親になった雑種(ミックス)の猫さんが、同居人を幸せにしてくれることは間違いないです。

 

 

殺処分になったり、道で車にひかれたりする子猫が一匹でも減るといいなあ。

 

 

そんなことを思いながら、まなさんの待つ部屋に帰ってきたおっさんでした。

 

 

本日のポタリングは16.38km、1時間14分の走行でした。

おっさん家産のキュウリ2本目、ナス1つ目

金欠による野菜不足を自宅産の野菜で解消すべく行っているナスとキュウリの栽培ですが、キュウリの2本目とナスの1つ目が実ってくれました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722132653j:plain

 

 

キュウリはこれぐらいの間隔で実るのなら、全部生で少し塩を付けて食べてしまいそうです。もっとジャンジャンなるのかと思いましたが、鉢植えでそれはさすがに無理でしょうか。

 

 

ナスはもらった物があるので、それと合わせて、以前購入したひやむぎとソーメンチャンプル風に炒めてみたいと思います。ナスなので辛い方がおいしいかな。それともショウガの強い方が良いかな。

読書メモ「観応の擾乱」の4

P203

(略)鎌倉期の高一族は、足利氏の御内人であった(厳密には、「御内」)。高師直の大活躍は、そうした鎌倉期の体制の延長線上に位置した側面も存在するのである。

 だが、このことは反面、高一族が前代の古い体質を維持していたことも暗示する。

 

 

高師直婆娑羅ぶり、革新性が強調されることがあっても、その守旧性が指摘されることって、いままであったかな。

 

 

 

読書メモ「観応の擾乱」の3

P.198

文和二年(1353)5月20日、鎌倉の龍口で北条時行・長崎駿河四郎・工藤二郎が処刑された(『鶴岡社務記録』)。北条時行鎌倉幕府最後の得宗北条高時の遺児で、建武二年(1335)に建武政権に対する反乱を起こしたが(中先代の乱)、足利尊氏に鎮圧されたことはすでに述べた。

 実は時行はその後、建武四年以前に南朝に帰順していた。

 

知らなかったなあ。中先代の乱諏訪氏に担がれて登場したあと、おっさんがいままで読んだ本の中では登場してくることがなかったので、いったいどうなったんだろうと思っていたので、この本の中で武蔵野合戦で新田義興とともに戦ったことが書かれていた上に、最期までわかったのですっきりした。

 

 

 

アラビヤコーヒー

奈良に行った帰り、難波でアラビヤコーヒーに立ち寄りました。

 

 

アラビヤコーヒー.com

 

 

おっさんは日常会話が苦手な人なので、マンデリンを注文したあとはひたすらKindleで小説を読んでいました。

 

 

マンデリンは650円でした。

上記のサイトより少し値上がりしているし、昔たまに行ってたときよりも値上がりしている気がします。

 

 

砂糖もミルクも入れずにブラックで。

やっぱりおいしいなあ。

あと、お店のドリップしてくださる方が、2代目から3代目とおぼしきお若い方に代わっていました。おっさん、だいぶんアラビアに来てなかったのね。

 

 

おいしいコーヒー屋さんも開拓していけると良いなあ。

まなさんだって暑いのかな

f:id:oldtypeossan:20170722121354j:plain

 

 

近頃、どうもよくテーブルに乗っかってくるなあと思っていたら、まなさんも扇風機にあたりに来ているようです。クーラーのないおっさん家ではやっぱりこの辺が一番涼しいのかな。

久々に奈良へ 若草山から春日山原始林北側を歩く

先日の連休の初日、おっさんは久しぶりで奈良に行ってきました。

2年ほど前に奈良に行った時は、奈良国立博物館の「白鳳」展がお目当てだったのですが、今回は暑い時期にも関わらず、歩くことを主目的として奈良に行ってきました。

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

 

どこを歩いてきたかといいますと、春日山原始林です。

 

春日山原始林/奈良県公式ホームページ

春日山原始林 - Wikipedia

 

 

おっさんがYouTubeでいつも見ている二つの登山動画で紹介されていたので歩いてみようという気になったのですが、紹介されているものよりずっと短い4.5kmの若草山から水谷神社に降りるコースを歩いてみました。

 

 


【山と珈琲】春日山原始林と山コーヒー【プッシュプレッソ・押すプレッソ】

 

 


へっぽこ登山 春日山原始林〜若草山(柳生街道)(奈良県)

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722104113j:plain

若草山

 

 

ゲートで入山料を払うときに「頂上まで40分です」との案内がありました。最近40分歩いたことがないので、それだけでやや不安です。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722104311j:plain

 

 

この坂を見ただけで少し嫌になるだめな自分がいます。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722104452j:plain

若草山一重目

 

 

もうこの時点で麻の長袖シャツは汗でビショビショです。でも麻のシャツは乾きが早くて肌に貼りついてこないので、歩くときも原付でのツーリングも夏場はこれに頼っています。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722104740j:plain一匹で黙々と草を食べていた鹿。おっさんもこんな風になりたい。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722104843j:plain

 

 

若草山は標高342mのごく低山ですが、おっさんはしごく疲れました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722104953j:plain

 

 

原始林内に入るとやや薄暗いです。でも気持ちいい。適度に人の手が入っている感じが気持ちいいのかもしれないですね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722105317j:plain

 

 

 

若草山のゲートから水谷神社まで1時間15分程度の歩行でした。

 

 

この後、奈良の市街地まで戻り昼食を食べ、午後のメインイベント興福寺を訪れたのですが、なんということでしょう。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722110636j:plain

 

 

国宝館がお休みです。

うわー、知らんかったわ。阿修羅に会えないぜよ。

 

 

その後も奈良をブラブラしましたが、これと言った成果もありませんでした。下調べが不足していたようです。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722111137j:plain

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722111203j:plain

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722111231j:plain

 

 

f:id:oldtypeossan:20170722111305j:plain

 

 

本当は柳生街道を歩いてみたいのですが、それには相当歩く力をつけないといけないなという感じです。距離がぜんぜん違うので。日常生活で歩かないからなあ、大阪での生活と違って。なかなか難しい目標です。