読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

読書メモ「日本仏教史」の5

P.174

仏教思想の大きな特徴は縁起にあるといわれる。縁起というのはあらゆる現象世界の事物は種々の原因や条件が寄り集まって成立しているということで、それゆえにこそ一切万物は変転極まりない。これが無常といわれることことである。(略)裏からいえば、他によらずして自存し、永遠に存在するようなものは何もないということである。(略)このような(略)原理にたつならば現象世界を離れて何か真実の世界があるという考え方は否定される。(略)このようなわけで、仏教の立場では悟りを開いたからといって、この現象世界と別の真理の世界にはいるということはない。

 

「はあ、そうなんか」と読んでいたのですが、極楽浄土ってでも、現象世界を離れた何か真実の世界的なものじゃないんですかね。「仏教思想」ではそういう極楽浄土はないけれども、民間に信仰として入っていく際に極楽浄土が、現象世界から離れた真実の世界」として誤って認識されたということなんだろうか。

 

いまいち、よくわからないけれども、よくわからないまま放っておいて読み進めてみよう。

 

 

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

 

 

 

「トロイ」を見た

この映画も、Amazonプライムビデオで見たのですが、いつ見たのか思い出せないぐらい前に見ました。

 

トロイ (字幕版)

トロイ (字幕版)

 

 

トロイ ディレクターズ・カット [Blu-ray]

トロイ ディレクターズ・カット [Blu-ray]

 

 

 

トロイといえば、ハインリッヒ・シュリーマン「古代への情熱」。

 

 

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)

古代への情熱―シュリーマン自伝 (新潮文庫)

 

 

 

おっさん、「古代への情熱」はたしか一度読んでいるのですが、新潮版ではないなあ、岩波で読んだのかな?スウェン・ヘディンの「さまよえる湖」を読んだのと同じぐらいの時期に読んだような記憶があるので、大学1年か2年の時期かな。

 

 

さまよえる湖 (中公文庫BIBLIO)

さまよえる湖 (中公文庫BIBLIO)

 

 

さまよえる湖 (角川文庫)

さまよえる湖 (角川文庫)

 

 

 

「さまよえる湖」は、角川で読んだような気がします。

ただ、西域もギリシア神話も読んではみたものの、のめりこむような魅力を当時は感じなかったのも、また事実ですねえ。

 

 

それはさておき、映画「トロイ」。

観終わった感想は、「神話をここまで改変することは良いことなのだろうか?」と疑問に感じましたが、少し時間の経ったいまは、「神話や童話にはいろんなバリエーションがあるものだし、神話や童話をモチーフに作り変えることは許されることだし、良いのではないか」と思っています。

 

 

ブラッド・ピットは、おっさんにとっては「リバー・ランズ・スルー・イット」で受けた純粋というか無邪気なというか、そういったイメージが強くなにを見ても悪い印象を持ちづらい俳優さんです。

 

リバー・ランズ・スルー・イット [Blu-ray]

リバー・ランズ・スルー・イット [Blu-ray]

 

 

 

「プラダを着た悪魔」を見た

Amazonプライムビデオで「プラダを着た悪魔」を見ました。

 

 

 

 

とはいえ、「見たの、いつだったけかな?」と思うぐらい前の話。

 

 

アン・ハサウェイは「プリティ・プリンセス」でデビューしたことぐらいしか知らず、あんまり期待していなかったのですが、服装にこだわらない知的な大卒女子(やや太め)から、先端のファッションを着こなすファッション雑誌の関係者(細い)までキュートに演じており感心しました。

 

 

プリティ・プリンセス」には、ジュリー・アンドリュースが出ていることも、つい今知ったので見てみたい気持ちが湧いてきました。

 

 

プリティ・プリンセス 特別版 [DVD]

プリティ・プリンセス 特別版 [DVD]

 

  

 

 

しかし、メリル・ストリープ演じるミランダ・プリーストリーのかっこいいこと。頭の切れる女はかっこいいなあ、やっぱり。

 

 

見た直後は、「ワーキング・ガール」と比較して、同じアメリカとはいえ、女性の働くことについてだいぶ変化があるなというようなことをいろいろと考えたように思うのですが、昔のこと過ぎて忘れてしまいました。

 

 

 

 

 

読書メモ「日本仏教史」の4

P.158

「草木国土悉皆成仏」

 

「草木国土悉皆成仏」なる言葉が出てきた、おっさんが知っているのは「山川草木悉有仏性」という言葉なんですが、この一乗主義ををさらにおしすすめたものが、「草木国土悉皆成仏」で現される本覚思想ということになるらしい。

 

P.158

良源

 

「往生要集」で有名な源信の師にあたり、諡号は慈恵大師。

 

往生要集〈上〉 (岩波文庫)

往生要集〈上〉 (岩波文庫)

 

  

往生要集〈下〉 (岩波文庫)

往生要集〈下〉 (岩波文庫)

 

 

 

この人物は面白い。「平安王朝」では「変成男子の法」で藤原師輔の娘、安子の体内にいた女子を男子に変え、出生した男子が冷泉天皇になるというエピソードが紹介されていたり、

 

 

平安王朝 (岩波新書)

平安王朝 (岩波新書)

 

 

 

「寺社勢力の中世」では、比叡山の寺社勢力としての創始者は、良源であると紹介されている一方で、「角大師」、「豆大師」、「厄除大師」などと呼ばれ、民間信仰の対象となった旨が角大師図として図入りで紹介されている。

 

良源 - Wikipedia

 

 

寺社勢力の中世―無縁・有縁・移民 (ちくま新書)

寺社勢力の中世―無縁・有縁・移民 (ちくま新書)

 

 

 

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

 

 

紀の川北岸自転車生活 夜勤明けサイクリングで橋本へ

きのうは夜勤明けのおっさん。

 

 

帰りがけに用務員のおじさんと話をし、「泉佐野まで行けるなら堺も行けますよ」と励まされたので、堺の実家まで100kmライドしようかと思ったのですが、昼ご飯を食べたりしているうちに午後2時を回ったので、同じ100km超えでもまだ距離の近い橋本を目的地に変更しました。

 

 

前回の100kmライドの時期より暑くなっているので、水分はドリンクボトルに麦茶、水筒にアクエリアスで合計2Lほど持参しました(もう500mlあればよかった感じです)。

 

 

前回

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

前回は国道24号線をひたすら東に走ったのですが、今回は紀の川沿いにあるサイクルロードを走ってみることにしました。

 

紀の川周遊サイクリングマップ|和歌山県ホームページ

 

 

f:id:oldtypeossan:20170520055253j:plain

 

たぶん、岩出辺り。

写真に写っている青いラインが、サイクルロードの目印なんですが、本当にこのラインだけで識別しないといけないので、曲がり角などでそれを見落とすと、地元民ではないおっさんは、もうサイクルロードに復帰できず、しばらく走ってまた現れた青のラインに復帰するということが何度かありました。

 

 

もうちょっと補助的な標識とか、曲がり損ねたら再合流できるルート(枝道)とかも整備してもらえると助かるんですけどね。帰りに暗くなってきて桃山町で、ロストした時はスピードは落ちるし、道はわからないしで泣きそうになりました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170520055732j:plain

 

 

とりあえず橋本に到着。

 

 

https://www.instagram.com/p/BURDPd6A3U7/

二度目の橋本駅。55km、2時間26分。

 

 

この時点では時速22km/hで「いいペースだぞ、おっさん」と自分で思っていたのですが、最終的に家にたどり着いた時点では、113.09km、5時間28分29秒なので、20.66km/hと、かなりギリギリになってしまいました。

 

 

でも、100km超えを平均時速20km/h以上で走る目標は達成です。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

やっぱり、おっさんはできる子だなあ。

やらんけど(やれよ)。

 

 

ただし、この数字は休憩時間は除外した数字なので、休憩時間も走行時間に含めると達成できていないことになります。休憩も含めて20km/hは更に成長してからの目標ということにしたいと思います。

 

 

100km超え、20km/hの目標は、おっさんにはまだまだ荷が重いようで、帰り道は巡航6速どころか5速にも入れられなくなり4速でこいでいる状態でした。

 

 

おまけに足に力が入っていないので、お尻が上がらず、サドルの上でお尻が悲鳴を上げていました。

 

 

帰宅後は、パソコンの電源を入れて、座いすに座り、アクエリアスをコップに1杯飲んだら、そのまま翌日の朝4時まで眠ってしまいました。

 

 

夜勤に入る日が朝5時に起きて、夜勤時の仮眠3時間だけでサイクリングに出かけていること考えると、夕食も摂らずに寝ているし、「健康に良い」とは言い難そうな感じですね。なんだか心臓とかに悪そう。まあ、ポックリ死んだら死んだときですね。

 

 

次の自転車の目標は、和歌山から大阪に抜ける猿坂峠という峠を足をつかずに走りきること。おっさんはいままで2回挑戦して2回とも失敗しています。

 

 

トレーニングとかしたらもっと走れるようになるのかな。

読書メモ「日本仏教史」の3

P.153

一体、口称の念仏は容易であると同時に非常に呪術的発想と結びつきやすい面をもっている。古代人の発想では、言葉を口に出すとその言葉によってあらわされるものを支配できると考えられた。それゆえ、阿弥陀仏の名をとなえると、それによって阿弥陀仏の絶大な力をはたらかせることができると考えられ(略)

 

これは非常に興味深いな。直接名を呼ぶことを忌むという習慣があることは知っていたけど、念仏がそこに結びつくという発想はなかったな。

 

 

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

日本仏教史―思想史としてのアプローチ (新潮文庫)

 

 

CDラックを購入、組み立てる

いやー、おっさんはかなり性格が破綻していてイカれていると思うのですが、まあ他人様もかなりイカれているなと思うようなことがありました。

 

 

人それぞれ自分なりのイカれ具合を抱えて、きっと生きているんですね。

 

 

おっさんの良くないところは、自分の育ってきた環境が悪いので、あまりにも自分という人間を卑下して評価しすぎる点。他人はもっと恵まれた環境で育っているので、おっさんよりはきっとまともだろうと思ってしまうのですが、存外そうではないようです。

 

 

それはさておき。

 

 

先ほどブログに書いた通り、部屋の収納が不足していて、部屋が乱雑な状態なので改善のために購入したCDラックを組み立ててみました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

 

 

ちなみにおっさんは車の運転免許を持っていないので、当然こういう大きな物は全てAmazonで購入します。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170518132855j:plain

 

こういうの苦手そうに見えるおっさんですが、案外こなします(うまいとは言ってない)。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170518133010j:plain

 

棚側に木ネジ用の下穴も開いているため、手動のプラスドライバーでも固くてしょうがないということもなく、簡単に組み上がりました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170518133136j:plain

 

ネジ穴を隠すためのシールも付いています。おっさんの人生の汚点もこんなふうに簡単に糊塗できるといいのにな(おい、暗くなるのはやめろ)。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170518133311j:plain

 

出来上がりはこんな感じ。

おそらく、床とCDラック、双方が少しずつゆがんでいるのでしょう。棚の背中が壁にピッタリとくっつかないので少々安定に不安があるため、防振のための素材を購入してラックの下に敷こうと思います。

 

 

プロセブンは良いのかもしれないですが、若干高いので、まあこんなような感じのものを下に敷いて、ラックの安定を図ろうと思います。

 

プロセブン 耐震マット(5cm×5cm)4枚入り P-N50L

プロセブン 耐震マット(5cm×5cm)4枚入り P-N50L