「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

「もうやめとけよ」との声も聞こえてきそうながら本の購入

いやー、6月は結構本を買いました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

  

oldtypeossan.hatenablog.com

  

oldtypeossan.hatenablog.com

 

でも、今回でそれも最後、だって6月が終わってしまいましたもの(オホホホホ)。

 

 

立ち寄った無印と同じ建物内にある書店でまたしても本を購入。

 

f:id:oldtypeossan:20200702103918j:plain

またしてもまなさんのお顔が写りこんでおります。

 

ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち (中公新書)

ビザンツ帝国-千年の興亡と皇帝たち (中公新書)

  • 作者:中谷 功治
  • 発売日: 2020/06/22
  • メディア: 新書
 

 

ビザンツ帝国に関する本といえば、「生き残った帝国ビザンティン」と「コンスタンティノープル千年」あたりが思い浮かびますが(この2冊は持っています。おっさんが持ってるのは「現代新書」版ですけど)、「ビザンツ帝国」も購入。

 

生き残った帝国ビザンティン (講談社学術文庫 1866)
 

 

 

 

東ローマ帝国の末裔が、斜陽化しながらもやりくり算段で生き残っていく姿は、登り坂の国家の様子よりも、いまの日本には役立つのではあるまいか、と思ってしまいますね。 

 

平野が語る日本史 (角川ソフィア文庫)

平野が語る日本史 (角川ソフィア文庫)

 

 

この手の本は当たり外れが激しい印象なのですが、絶版になりやすいような気もするので見かけたうちに買っておこうと購入。 

 

 

とりあえず買うだけでなく、読んでいるのだ!という証拠を、そろそろブログに上げたいですね。

「ご飯がすすむもの」に加えて、飲み物を無印で補充する

以前、購入したさんぴん茶ジャスミン茶)。

40パック入りのものを二袋購入したので、ひと夏保つかな?と思っていたのですが、6月末の段階でもう一袋は使い果たしてしまい、先日立ち寄った無印良品で水出しのお茶を買い足すことにしました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

f:id:oldtypeossan:20200702102046j:plain

まなさんの頭が写りこんでおります。

 

穀物ブレンド茶」と「「国産とうもろこし茶」。

どっちも「お茶」ではないので、まあ代用茶ですね(そんなこと言えば「麦茶」も茶ではないですよね)。

 

 

とうもろこし茶って、温かい状態で飲むとほのかに甘くて美味しいですけど、水出しで飲むとどんな味なのかな?

 

 

ただ、以前からお腹の調子が悪かったのですが、全然良くなる気配がなく、腹痛のある日が続いているので、冷たいものの飲みすぎも影響しているのかも?と思っているので、その辺りは留意しないといけないですね。

 

 

しかし、月末に少し余裕があるからと、無印で買い物しすぎて(おっさんの感覚では5品で買いすぎです)、もう余裕がなくなりました。

 

 

何度も書きますけど、貧乏って悲しいね。

 

 

14時00分:誤字修正

2次検診の結果に気を良くして、ご飯がすすむものを買う

先日、健康診断の2次検診の結果に気を良くしてチキン南蛮を作りましたが、その前に帰り道に立ち寄った無印良品で、ご飯がすすむものを買いました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

f:id:oldtypeossan:20200702100205j:plain

 

「ほうれん草のカレー」、「トムヤムクン」、「グリーンカレー」。

もうどれも暑い季節の辛味でとてもご飯がすすみそうです。

2次検診の結果に気を良くして、チキン南蛮を作って食べる

先日、受けた健康診断の2次検診の結果を取りに、今日も病院へ。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

再検査の結果、

LDLコレステロールが138。(正常範囲70~139)

中性脂肪が172。 (正常範囲50~149)

投薬は免れました。

 

 

今回も折りたたみ自転車で往復約15km。

夜勤の往復を雨が降りそうだったので、原付にしたので代わりの運動になりました。

 

 

そんなわけで購入した美味しいお米をもりもり食べるべく、ちょっと気合を入れておかずを作りました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 


フライパンひとつ!コウケンテツ流!とろ〜り甘酢&タルタルで食べる鶏むね肉チキン南蛮

 

 

料理も美味しそうなんだけど、コウケンテツさんの使っている食器、カトラリーというのかな?それが全部シンプルなんだけどきれいなんですよね。いいなあ、あんなキッチン。

 

 

f:id:oldtypeossan:20200629212708j:plain

一応、おっさんの作ったチキン南蛮。もう見栄えが最悪。

 

 

でも、おいしかったです。

反省点は、衣に使った残りの玉子を、動画では追い玉子としてかけていたんですけど、そこまで玉子が余らなかった。玉子は2個にしたほうが良かったのかも。

 

 

あとは、あげ(焼き?)油が少し多かったのか、キッチンペーパーで拭き取るのが結構手間でした。もう少し油少なめで作ったほうがいいのかもしれません。少し油が残っていたせいで、タルタル(もどき)ソースの上から、追いソースとして甘酢ソースをかけたときに少し油っぽかったです。

 

 

反対に、薄力粉は出しすぎだったのかかなり余ってしまいました。

というか揚げ物なんか昔釣ってきたアジを唐揚げにしたとき以来で、薄力粉も10年ぶりぐらいで買いました。

 

 

でも、タルタル(もどき)ソースは玉ねぎの辛さが少しだけ残っていて、それが爽やかさのアクセントになるし、マヨネーズベースで酸っぱみがあるので揚げ(焼き?)の油のしつこさが感じられないし、ほんとに良かったです。

 

 

ああ、また作ろっと。

 

 

7月2日:誤字修正

お別れしたくなかった物ともお別れ

職場で使っていたセサミストリートの百均カバン。

 

f:id:oldtypeossan:20200629210423j:plain

 

 

前回のひやむぎを持ち帰るときに3kgのひやむぎを収めて運ぼうとしたら、破れてしまいました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

f:id:oldtypeossan:20200629210559j:plain

ぱっかーんでござるよ


 

で、その代わりに購入したかばん。

 

f:id:oldtypeossan:20200629210657j:plain

こっちが確か500円

 

ジュートのザラッとした肌触りがおっさんは好きです。

 

 

f:id:oldtypeossan:20200629210746j:plain

こっちが確か300円

 

デニムっぽい生地ですね。

どちらを職場で使うかはまだ決めていません。

 

 

ひとつはレジ袋の代わりに買い物袋にしようかと思ったのですが、職場の行き帰りにいつも買い物袋を持ち歩いて、それを使うのって面倒くさいので、お金を払ってでもレジ袋を使うほうがいいような気がしています。

 

 

その後は、それをゴミ袋に使ってますしね。

今年も職場でまとめ買いのひやむぎを持ち帰る

暑い季節が近づいてきて、今年も職場でひやむぎを買いました。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

f:id:oldtypeossan:20200629204330j:plain

 

包装紙の色使いがかわいいですよね。

キレッキレの今風のデザインもいいですけど、長年使われた馴染んだ風合いみたいなのも美しいですね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20200629204350j:plain

 

今年もひやむぎを3kg買いました。

去年はナポリタンを作りまくったんですけど、今年はどうしようかな。

 

 

おっさんが料理の手間を惜しまない人なら、ここのそうめんを使って、冷製カッペリーニもどきを作ったら美味しいんじゃないかな?

 

 

いつかやってみたい。

と思ったらクラシルにそんなレシピがありました。

 

www.kurashiru.com

 

おっさん、やっとまずい米とお別れして普通の米を買う

安いお米を購入したところ、割れた米、小さな米ばっかりでまずくて、とても普通に炊飯して食べられるものではなかったのですが、ようやくそのお米とお別れ。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

f:id:oldtypeossan:20200629142533j:plain

 

スーパーで次なる普通のお米を買いました。

三重県コシヒカリ

 

 

同じくスーパーで購入した安い目のお刺身盛り合わせと、普通に炊いたお米、あとインスタントのお味噌汁で夕飯を摂ったところ、普通にお米が美味しくて、感動。

 

 

ひさしぶりでおかずとご飯を食べました。

 

 

どうしてもまずいお米は、丼とかにしないと食べられなかったですからね。

 

 

まずいお米、全部食べたと言いたいところですが、最後の5合分ぐらいは捨てました。そのときに作った麻婆豆腐丼で、麻婆豆腐のかかっていない部分のお米がまずくてのどを通らず、「なんでこんなまずいもんを我慢して食わなあかんのんじゃ!!!」ととてつもなく腹が立ったんですよね。

 

 

おっさんは貧乏人ですが、出費をケチってもいいところとダメなところがあるなと実感しました。というか、ケチってもいいところとダメなところが、事前にわかるようならおっさんは、貧乏人ではないと思うんですよね。

 

 

そういう支出の判断がよろしくないから、いつまで経ってもおっさんは貧乏なわけです。だからつまらないところにお金を要らざるお金を使い、必要なところに出費を惜しんで結果として二重に出費するというようなことを繰り返しているから、貧乏とお別れできないんですよね。