「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

おっさん、プランのスポンサーになる

以前、なりたいと書いた、プランのスポンサー。

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

www.plan-international.jp

 

 

おっさんはようやくなる決心がつき、この12月よりバングラデシュの女の子のスポンサーになることになりました。

 

 

この女の子への支援を続けるためにも、おっさん自身健康に気をつけて働ける限りは、しっかり働いていかねばと思います。

 

 

おっさんの人生の悪行の償いという意味もあります。

 

 

でも、それよりも20代後半で行った、4か月程度のアジアへのバックパック旅行の際、カンボジアプノンペンで「アオザイ着せてやりまくったった」と買春を自慢話のように話していた同国人の中年男性に注意する勇気を持たなかった自分、

 

 

ネパールで同宿の日本人男性にHIVに感染している娼婦(とはいえ幼い少女)を支援しているNGOの活動を一緒に見に行きませんかと言われて、行く勇気のなかった自分、

 

 

そんな自分の勇気のなさを精算したいのかもしれません。

 

 

ネパールの少女たちは「ヒマラヤの聖なる少女を抱くとエイズが治る」との迷信を信じて、インドからネパールの少女を買いに来たインド人にHIVに感染させられ、将来のない暗い眼をしているとのことでした。

 

 

正義めいたものが大好きなくせに、現実を直視する勇気を持たなかった自分を精算したいのだろうな、きっと。

 

 

おっさん、バングラデシュはネパールのカトマンズからバンコクに向かう際に、ビーマンバングラデシュ航空のトランジットでダッカに一泊しただけの縁しかないんですよね。

 

 

今度、バングラデシュの紅茶でも飲んで、遠い異国のチャイルドさんに思いを馳せてみましょうか。

 

 

 

 

いやー、前はムジカのスターオブベンガルAmazonでも売ってたんだけどな。ムジカの堂島のお店がなくなっていることも、いま知りました。

戦車絡みの映像3組

タイトル通り、Amazonのプライムビデオで洗車絡みの映像を3本見ました(かなり前ですけど)。

 

 

まず、「プライベート・ライアン」。

 

 

 

プライベート・ライアン [DVD]

プライベート・ライアン [DVD]

 

 

 

おっさん、この映画は今は亡き南街会館にて見たのですが、ストーリーを覚えていなかったばかりでなく、監督がスピルバーグであることすら忘れてました。

 

 

見ている途中で、そういえばこの左利きのスナイパーおったな、とか思い出すのですがライアンを探し出したあとで、エディット・ピアフを聴いて人生について語り、タイガー戦車を迎え撃つなどのストーリーは結局さっぱり覚えてませんでした。

 

 

そもそも、ライアンがマット・デイモンであることも忘れていたという。

 

 

最後、ドイツ兵を怖くて殺せなかったアパムが、降伏後のドイツ兵に自分の小心を嘲笑われて殺してしまうシーンが印象的でした。

 

 

次に、「フューリー」。

 

フューリー(字幕版)

フューリー(字幕版)

 

 

 

 

 

ドイツ軍の進撃路を寡兵で防衛するという点では、「プライベート・ライアン」と通じるものがあるのですが、防衛のための戦術という点では「フューリー」に納得いかない点が多く(動かない戦車を砲台のように使う)、しかもより人数が少ないので、やっぱりそこは逃げるべきなのではないのかと思ってしまいます(まあ、逃げると映画にならないですけど)。

 

 

Tiger(タイガー、ティガー)戦車が動いているのを見たという意味では面白かったけれど、ストーリー的にはどうもなあという映画でした。

 

 

最後は、「ガールズ&パンツァー」(通称ガルパン)。

プライムビデオにTV版と劇場版が入ってきたので、TV版は2回目、劇場版は初めて見ました。

 

 

 

 

 

TV版は面白かったです。

戦力的にいうとポンコツを寄せ集めたチームが、各国を代表する戦車を有している強豪校を破っていくという用兵の妙が納得できて。

 

 

劇場版は、島田流の天才少女島田愛里寿(ありす)とやらと対決するのですが、天才少女というわりに明らかに性能の高い戦車群を率いて、当たり前に勝利すべきところを負けるのはどういうことやねんと思いました。

 

 

学校艦の廃校を防ぐ、

物量、質で劣った状態を覆す、

 

というTV版と同じコンセプトを繰り返されても、規模が上がっただけで面白くないと思いました。秋山殿がいなければ、おっさん途中で見るのをやめるところでした(秋山殿は活躍したかと言われればNOですけど)。

 

 

3作ともに、ドイツのTiger(タイガー、ティガー)戦車が、敵として大きく立ちはだかり、Tiger戦車というのは優秀だなという結論に達しました(えっ、そこ)。

 

ティーガー戦車隊〈上〉―第502重戦車大隊オットー・カリウス回顧録

ティーガー戦車隊〈上〉―第502重戦車大隊オットー・カリウス回顧録

 

 

 

 

半身浴しながら、「魔法少女まどか☆マギカ」を見ながら、歯磨きするおっさん

歯槽膿漏で夜25分の歯磨きを歯科医より命じられたおっさん。

 

 

お風呂で半身浴をしながら歯を磨く事にしました。

しかし、壁を見つめて25分間、歯を磨くのはきつい。

 

 

教えていただいた歯磨きアプリを見ながらでも良かったのですが、スマホの調子が悪いのでこれ以上湯気にさらすのはまずい。

 

 

ということでAmazonのFireタブレットで「魔法少女まどか☆マギカ」の2周目を見ながら歯を磨く事にしました。

 

 

第1話

 

 

ラスト近くの「マミる」が衝撃的な第3話「もう何も怖くない」も過ぎ、かわいい外見の邪悪(とも言いきれない)な奴キュウベエキュゥべえ(が公式みたいです)が、魔女と魔法少女の関係を明かす「あたしって、ほんとバカ」までやってきました。

 

 

もう何も怖くない

もう何も怖くない

 

 

 

あたしって、ほんとバカ
 

 

 

やっぱり「魔法少女まどか☆マギカ」は面白いですね。今回は「このほむらの台詞は、こういう意味だったのか」と何度もうなずきながら見ております。

 

 

魔法少女まどか☆マギカ」の次は、「魔法少女まどか☆マギカ」の脚本を担当していた虚淵玄が原作を書いた「Fate/Zero」をAmazonプライムビデオで見ながら、歯磨きしようかと思っています。

 

 

Fate/Zero 全6巻完結セット (星海社文庫)

Fate/Zero 全6巻完結セット (星海社文庫)

 

 

 

なくなっていたキーボードのキーが出てきた

まなさんが夜の大運動会ではずしてしまったおっさんのパソコンのキー。 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

きのうの掃除でようやく出てきました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20171207224856j:plain

 

 

たたみとたたみのすき間に落っこちていました。

そっか、なくなっていたのはWindowsキーだったのか。

 

 

キーがないことを口実にパソコンを買い替えてやろうかというおっさんの野望を頓挫しました。

読書量を増やすための読書記録29 日本史を読む

日本史を読む (中公文庫)

日本史を読む (中公文庫)

 

 

 

京都へ「国宝」展を見に行った際の往復で読み終えました。

 

五味さんは後白河法皇の男色の相手を研究しているうちに、神護寺にある藤原隆信筆の後白河法皇の似絵を囲んでいた、四点の似絵に描かれている四人の男ー平重盛藤原光能、平業房の三人は確実に後白河院の男色の相手であることに気がついた。とすれば四人目の源頼朝もまた、男色の相手ではなかったか。(P.87)

 

五味さんというのは五味文彦のこと(引用者)。 

 

という文章を読んだあとなので、「国宝」展に展示されていた神護寺の「伝平重盛像・伝源頼朝像・伝藤原光能像」の三幅をニヤニヤしながら眺めました。「そういえば、男ぶりを強調して書いてあるようにも見えるなあ」などと。

 

 

これだけでも読んだ価値があるというものです。

 

 

 あとは、明治について語った部分で、鳥居民の「横浜富貴楼お倉」から

 

(明治の)元勲たちはみんな自信がなかった。彼らはもう駄目だと思ったときに、彼らの根本方針である文明開化の象徴、しかも自分たちがつくった鉄道を走る汽車に乗って横浜へ行った。そして、「どうだ、すごいじゃないか、やはりわれわれの大方針は正しいのだ」と自分に言い聞かせて、自己激励をした(P.278)

 

 

との見方を目にした時は「なるほどな」と思いました。

司馬遼太郎史観に慣れた僕なんかは、明治の元勲は文明開化に絶対的な自信を持っており、西欧列強に追いつくことだけを考えていた鉄の意志の持ち主なんて考えてしまいがちですが、「大方針」についてさえ揺れていたのではないかという、この文章を読んで人間らしくて好ましいと思いました。

 

 

文庫 横浜富貴楼お倉: 明治の政治を動かした女 (草思社文庫)

文庫 横浜富貴楼お倉: 明治の政治を動かした女 (草思社文庫)

 

 

 

前回

oldtypeossan.hatenablog.com

 

Soloでそろりそろりと出かける 2017年11月の走行距離

先月11月の走行距離は  213.2 km  でした(13日稼働)。

給油量は  3.26 L  なので、燃費は  65.3 km/L。

 

 

2016年

7月    316.8 km   49.6 km/L

8月    447.4 km   62.8 km/L

9月    585.0 km   54.2 km/L

10月  522.6 km   55.1 km/L

11月  361.8 km   59.1 km/L

12月  156.4 km   44.2 km/L

2017年

1月    304.8 km   66.5 km/L

2月    141.4 km   59.4 km/L

3月    195.7 km   64.3 km/L

4月    309.1 km   67.9 km/L

5月    207.7 km   75.8 km/L

6月    170.4 km   64.3 km/L

7月    273.8 km   80.2 km/L

8月    296.3 km   70.8 km/L

9月    135.9 km   65.9 km/L

10月  220.2 km   65.5 km/L

11月  213.2 km   65.3 km/L

 

記録をつけるようになってからの総走行距離 5322.8 km(2016.5.3~)

 

 

そろそろ風が冷たくなってきたので、Soloの走行距離は落ちそうな感じですが、歯科への通院はSoloで行っているので、短距離ながら稼働日数は増えそうな感じですかね。

 

 

先月

oldtypeossan.hatenablog.com

 

猫をお風呂に入れるのは普通のこと?

夜勤明け、仮眠して、遅い昼ご飯を食べて、また仮眠して、目覚めるとボッーとしているおっさんです。

 

 

YouTubeを適当に流していたら、猫を風呂に入れる周期について話していたのですが、そもそも猫を風呂に入れるものなんですか?

 

 

おっさんが一緒に生活したちよさんも、生活しているまなさんも一度も風呂に入れたことないんですけど。だって、猫は水を怖がるものでしょう?

 

 

猫は一生懸命自分の体を舐めてきれいにするし、犬と比べたら臭いも全然ないでしょう?風呂に入れる必要あるのかな。