「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

お尻の青いiMacユーザー MojaveにOSアップグレードした

おっさんのiMac(Late2013)のOSをMojaveにアップグレードしました。

 

macOS Mojave - Wikipedia

 

リリースは9月中に行なわれていたようですが、おっさんは存在に全く気がつかず、つい先日になってなんかアップグレードのマークが出ているぞ?という感じでアップグレードしました。

 

 

前回のHigh SierraのアップグレードはJ.comの回線ではうまくいかずに非常に難儀したのですが、今回はJ.com回線でもスムーズに行きました。 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

こうなると格安SIMとはいえ、HW-01FのWi-Fiルーターの回線を維持する意味がないのでは???いや、iPhone6の外出時の通信環境として有用なんだ、と思うことにしましょう。

 

 

アップグレード自体は、夜勤入りの日に開始して、家にいる間に完了せず、夜勤明けに帰宅したら終わっていたので、まあ、なんの問題もなく終わりました。

Fireタブレットでのストリーミング再生が途切れるようになってきた

 先日、電池持ちが悪くなってきたと書いたFireタブレット

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

Wi-Fiで動画を見ていると、ストリーミングの動画がなぜか途切れるようになってきました。YouTubeならまだしも、Amazonのコンテンツ、Amazonプライムビデオも途切れるので、状態は深刻です。

 

 

お風呂にカバーなど何も付けずに持ちこんで動画を見たりしていたから、中の通信に関するユニットが腐食していたりするんだろうか?

 

 

ただ、おっさんのうちは回線がJ.comで通信の質が悪いせいで途切れているのやもしれず、必ずしもFireタブレットの問題とは言い切れない部分もあるのですが、J.comのルーターから有線で通信しているWindowsのデスクトップ機や、同じくWi-Fiで通信しているiPhone6が特に通信の途絶を疑わせるような症状が出ていないので、やっぱりFireタブレットの問題なのかな。

読書メモ「平家後抄 上」の4

P.158

平治川(和歌山県) 

 

 

P.157

『平家谷』と言うのは、平家の落武者 が住みついて開発したと信じられている部落を称する。

 

 

 

平家谷の一つとして、平治川が和歌山県であがっていたので、検索してみると、和歌山県田辺市本宮町平治川のようです。

 

www.google.co.jp

 

 

近場ならば行ってみようかと思いましたが、これは遠い。

 

 

こんな山奥しか開発する場所が残されていないほど、西日本は古代末中世初でも開発され尽くしていたと思うべきなんでしょうか?

 

 

前回

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

平家後抄 上 (朝日選書 179)

平家後抄 上 (朝日選書 179)

 

 

 

読書メモ「平家後抄 上」の3

 P.145

地元の対馬では、惟宗知宗は、壇ノ浦からのがれた安徳天皇その人であると言う宗家皇胤説が旺んに行われている

 

 

 

先日、見ていると書いた「アンゴルモア」というアニメの中で、ヒロインの輝日姫が対馬に流れ着いた安徳天皇のひ孫娘(孫娘だったかな?)という設定があって、ぶっとんでるけど面白い設定だなと思ったのですが、対馬には宗(そう)家は皇胤だという伝説があるのですね。

 

宗氏 - Wikipedia

 

 

ただ、アニメ上は宗家全体が天皇の子孫だと輝日姫の貴種性が下がってしまうので、母系から天皇の血が入っているということにしたんでしょうかね?(原作の漫画は未確認なのでこういう書き方をしています)

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

平家後抄 上 (朝日選書 179)

平家後抄 上 (朝日選書 179)

 

 

読書メモ「平家後抄 上」の2

P.102

豫州

 

 

f:id:oldtypeossan:20181110191940j:plain

 

 

P.102に「豫州」に(義経)とあり、おっさんとっさに「劉豫州(劉玄徳のこと)じゃあるまいし、日本に豫州があるんかい?」と思ってしまったのですが、伊豫のことですね。

 

伊予国 - Wikipedia

 

おっさん、子どもの頃に「戦国武将ゲーム」で旧国名を全部覚えたのに、伊豫が豫州ってとっさに出てきませんでした。

 

戦国武将ゲーム

(上のリンクは「戦国武将ゲーム」のプレイリポートみたいなものです) 

 

 

 

そっか、源義経は伊豫守(伊予守)だったのね。 

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

愛情の重さ

「老人施設に入所している父親に会いたい」という入所者さんの希望をかなえるために企画書を書き、相手施設の了解も取り、日時をセッティングした後、入所者さんに「タクシー利用で行くので費用が発生します」と告げたら、「費用がかかるなら会いたくありません」と言われました。

 

 

でも、その入所者さんは「父のことを愛していて、一日も考えない日はありません」と言うんですよね。

 

 

なに、その「愛情」。

無料なら発揮できて、有料なら発揮できない。

「僕は妻を愛しています。毎日セックスもしています。妻とのセックスは無料なので」みたいな感じですか?

 

 

おっさんは、成長段階から親はおっさんの害になるばっかりで、「愛している」なんて思ったことないですが、それでも交通費をかけて会いに行き、会うときには幾ばくかのお金を持参しますけどねえ。

 

 

まあ、その人は父親へのお土産に自分が使わなくなった使用品のラジオを持っていっても父親がありがたく受け取ると思っているような人なので、自分の愛情は無条件に感謝されると思っているんでしょうね。

 

 

でも、それは自己肯定感が高いということだからいいことなのかもしれないな。

 

 

おっさんなんか、自己肯定感が低いから、他人にあげたものなんか趣味が合わなければゴミ箱にそのまま捨てられてそうだなといつも思うんですよね。

 

 

プレゼントなんか畢竟自己満足の世界なので、それでいいかなとも思いますしね。

雑誌「Military Classics」の巻頭特集

先日の気が大きくなっているときに「Military Classics」という雑誌を買いました。

 

 

おっさん、ミリには全然くわしくないのですが、男の子なので(男の娘じゃないですよ)、以前書いたホーカー・ハリケーンのように好きな兵器?があったりします。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

今回は、同誌の巻頭特集がT-34だったので購入してみました。

 

T-34 - Wikipedia

 

T-34はものすごく有名な旧ソ連の開発運用した戦車です。

 

 

で何気なく巻末の編集後記を読んだところ、

 

今まで本誌が巻頭特集で取り上げてきた兵器は日本軍かドイツ軍のものでしたが、今回は初めて連合軍の兵器であるT-34を取り上げました!

 

との記載がありました。

今回、おっさんが購入したのは、Vol.63。

えっ、Vol.63で連合国軍が初!と驚き、巻末のバックナンバーを確かめてみると、

 

57が「九五式軽戦車ハ号と特二式内火艇カミ」、

58が「メッサーシュミットBf110」、

59が「甲型海防艦」、

60が「エレファントとヤークトティーガー」、

61が「利根」「筑摩」、

62が陸上爆撃機「銀河」

 

うーん、なんやろ。

ここは「高い城の男」で描かれた枢軸国が勝利をおさめた平行世界かな?

 

 

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

高い城の男 (ハヤカワ文庫 SF 568)

 

 

 

いや、平行世界ではないはず。

「九五式軽戦車ハ号と特二式内火艇カミ」とか「甲型海防艦」よりは、第二次世界大戦T-34の与えたインパクトはそうとう大きなものがあると思うんだけどな。