「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

おっさん、仕事の悩みからの脱却を図る の2

もう考えるのやめにすると言いながら、書き続けるおっさん。

 

 

生活の楽しみは他人から与えてもらうものではなく、自分で見つけるものだというのももちろんそうなんですが、体が動く人たちや、主張の強い(声の大きな)人は、職員が用意するイベントで楽しまなくても、移動支援を使ったり、職員付き添いで買い物に出たりして充分楽しむ余地があるじゃないかというのも、おっさんの思うところであります。

 

 

反対に、自分で主張するのが苦手な人や、外出が困難な人はこういうイベントぐらいしか楽しみがない。

 

 

これでは、主張の強い人、体が動く人ばかりが楽しむ機会が多くて、自己主張の弱い人達に不公正ではないかと思うのです。

 

 

大きなイベントは平等に楽しめるけど、楽しみの機会(回数)という点ではみなに公正に振り分けられていないと思うのです。

 

 

上長は、体が動く人たちを中心に作業を見ているから、体を動く人の意見には敏感な気がするのですが、たまには上で主張の弱い人、外出できそうにない人の話も聴いてほしいなあと思ったりします。

 

 

本当は、こんなことを書いていないで、研修の報告書を書かないといけないんですが、ついつい書いてしまいました。

おっさん、仕事の悩みからの脱却を図る

先日、おっさんの施設で大きなイベントが終わりました。

諸事情で延期されていたのですが終わってよかった。

 

 

おっさんは当初の予定日は休み、実際のイベントの日は夜勤明けということで企画にも実行にも何の働きもしなかったのですが(実際、企画の会議にも一度も出席していません)、それは勤務日程だけではなく、おっさん自身が避けていたからでもあります。

 

 

というのも、

「大きなイベントをして施設職員が入所者を楽しませるのって、極言すれば『パンとサーカス』じゃないの?」

 

とおっさんが疑問を感じていたからです。

 

パンとサーカス - Wikipedia

愚民政策の例えとしてしばしば用いられる名言であり警句である。

 

 

「日々の食事とたまのイベント、施設の利用者さんは(ひな鳥のように)口開けて、それを待っているだけって、まさに『パンとサーカス』では?」

 

と思っていたのですが、おっさん一人が反対してもしょうがないですし、それなら関わらないようにしようということで避けていました。

 

 

「季節を味わってもらおう」という意図もわかるのですが、冷房のかかりっぱなしの室内で生活し、真夏に「今日、外(は)暑いんか?」「今日は寒い。長袖出して」(室温は26℃程度)という入所者さんにとっては、むしろ季節感のない状態がナチュラルなのではと思ったりもして。

 

 

「季節感のある生活が人間らしい」という考え方って、介護する側の押しつけ(自分たちの普通を無条件に普通だと考えている)なのでは?とも考えたりします。

 

 

このイベント以外にも、ちょっとした盗難めいたことがあったときに、上長の発した

 

「自己責任だから(収納するキャビネットに)鍵をつけてもらう」

 

という言葉に、おっさんは

 

「盗難されるのが自己責任なのだったら、一般社会にも警察はいらないのでは?そもそも世間的な『自己責任』に弾かれたような入所者さんが多いのに」

 

とも感じていて、「なんだかこの施設はどこに向かおうとしているんだろう?」なんて思っていました。

 

 

実際のところ、「介護には正解がない」と言われるように、おっさんの疑問にも正解はないのでしょうが、いつまでも怏々と悩んでいてもしかたがありません。こんな疑問が近ごろのおっさんの元気のなさに拍車をかけていたのも事実です。

 

 

なので、もう少し視野を広げたるために、動画ばっかりのインターネット依存生活をやめてもっと本を読もうと思います。読書分野も歴史ばっかりをあらためてもっと広く本を読めればなあと思っています。

おっさん、Amazon music unlimited30日間無料登録をする

Amazonのプライム会員のおっさんがプライムミュージックを利用するたびに、「music unlimitedを利用しませんか?」と案内が出ていたのですが、プロモーションのメールが送られてきて、「30日間無料登録したらAmazonポイント500円分あげますよ」と書かれていたので、つい登録してしまいました。

 

 

貧乏って悲しいな。

「500円分ポイントもらったらすごい得やん」と思ってしまうんやもんな。500円くらい1分で稼いでやるぜ状態なら絶対登録しないよな。

 

 

でも、ごめんなさい。

リマインダーに登録したので無料登録が終わって自動更新される前にトンズラこきますよ、Amazonさん。

 

 

でも、くるりの「ソングライン」とかPerfumeの「Future Pop」とか聞けて、ちょっと得した気分です。

 

ソングライン <通常盤:CD>

ソングライン <通常盤:CD>

 

  

Future Pop(通常盤)(DVD付)

Future Pop(通常盤)(DVD付)

 

 

 

ハナレグミの「深呼吸」を聞いたら、「別れの予感」も良かったです。テレサ・テンとはぜんぜん違う感じに聞こえるので、最初なぜ聞き覚えがあるのかわからなかったですもん。 

 

深呼吸

深呼吸

 

 

 


YouTube テレサ・テン 別れの予感

 

 

おっさんが音楽が分かる人で「No music, No life」な人ならmusic unlimitedも意味があるんだろうけど、前も書いたと思いますが、おっさん、さっぱり音楽がわからないんですよね。

 

 

で、最近職場でおっさんがなぜ音楽がわからないか、自分で理解できた出来事がありました。職場でおっさんと正反対でいつもニコニコして、誰からも好かれる同僚さんがいるのですが、その人は、邦画only邦楽onlyのおっさんと反対に、洋画が好きで洋楽ばっかり聴くそうです。

 

 

で、その人が「洋画も洋楽も雰囲気が好きでざっくり好きなんです」と言うんです。おっさん、邦楽を聴くときでも歌詞の意味を聞いてそれが音楽に乗っている、邦画も洋画に比べて母語の日本語で演じられているので、意味が取りやすいという点で好きなんだと思います。かなり言葉の意味を吟味してるんです。

 

 

たぶん、ざっくり雰囲気を楽しむというおおらかさがないから、歌詞に拘泥して音楽を楽しめないんだろうな。だって、歌詞は音楽の構成要素の一つであって、ミュージシャンは歌詞ではなく、音を聴いてほしいんだよ、きっと。

 

 

それに雰囲気を楽しむというおおらかさがないから、おっさんはニコニコできなんだろうな。

 

 

ちなみに上の文章の正反対は「いつもニコニコ」までかかるのではなく、「いつもニコニコして、誰からも好かれる」までかかっているので、おっさんの職場での立場は察してくれよ(エヘ)。

 

 

やばい、自分で書いてて悲しくなってきたぞ。

3時のお茶でも飲もうかな。

Amazonプライムビデオで「ローレライ」と「信長協奏曲」を見た

最初にぶちまけてしまいますが、2作とも駄作です。

 

 

ローレライ

ローレライ

 

 

 

これは完全にSF。

驚異のテクノロジーを積んだ単独艦が「寡をもって衆を撃つ」のですが、まるで宇宙戦艦ヤマトのようですね。

 

 

なぜ、こんな驚異のテクノロジーをわざわざドイツが日本に技術供与しないといけないのでしょうか?

 

 

わけがわからんぜ。

見ている途中で集中力が切れたので、正直、適当に視聴しました。

 

 

西宮元駐米大使とやらが和平工作のためにマニラに行くらしいのですが、1945年の8月にどうやってマニラに行くんでしょう?アメリカが「Welcome Mr.Nishinomiya」と胴体に書いたB-29でも迎えによこすんでしょうか?

 

 

伊501(やったっけ?)の中で朝倉大佐(やったっけ?)派が艦を掌握するためにクーデターを起こすのですが、

 

「我々は南方にいました。飢餓、ジャングル。そこを朝倉大佐が救ってくれました」

 

とクーデター派が言うのですが、あんたら海軍やろ。それ陸軍ちゃうんかい。それか海軍陸戦隊かい。それにしても海軍陸戦隊がまとめて潜水艦乗りになるんかい。

 

 

それと魚雷。

魚雷が当たった艦が粉々に切り裂かれてしまうのですが、魚雷って当たって爆発して相手艦を浸水によって撃沈する兵器じゃないの?そんな艦首から艦尾まで突き抜けるような兵器じゃないと思うんですけどね。

 

 

もうね。見たことを後悔しました。

 

 

次に「信長協奏曲」。

 

 

 

これ、どういうファン層の要望で映画になったんですかね?

 

 

もともとはドラマだったのは知っているんですけど、そんなに名作だったわけですか?それが映画としては駄作に堕ちたということなのかな?

 

 

まあ、もう途中はいいです。許します。

 

 

「(戦国武将たちが天下統一によって)平和を求める心が今の日本に続いているんだ」みたいなエンディングに「はぁ?」って感じです。間にある400年ばかりの時間はどこにいったの?

 

 

おっさんのこの映画は駄作だという熱い想いも、2418年の日本人に400年の時を超えて届くと良いな(いらんけど)。

おっさん、この秋最初のぶどうを食す

きのうは夜勤のおっさん、仕事上の必要に追われてまたもや廊下で寝るハメに。

おっさん、廊下で寝るのは三度目です。

 

 

しかも寝れやしねえ。

 

 

おっさん、栄養不足より何より睡眠不足が一番答えるタイプの人間なので、今朝の勤務は思考が回らず大変な状態でした。

 

 

帰宅してから5時間昼寝したのですが、まだ寝足りなく、食欲がないので、ぶどうと紅茶を夕食代わりにすることにしました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180921233935j:plain

スーパーのお買得品の種なし巨峰

 

 

根性なし(玉なし)のおっさんが種なし巨峰を食べますよっと。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180921234149j:plain

紅茶と一緒にいただきます



お買得品なのであまり美味しくないかなと思いましたが、甘くてとっても美味しかったです。やっぱり夏が暑いと果物は甘くなるのかな。先日購入した二十世紀梨の6個パックもいずれも甘くて美味しかったです。

 

 

本当はデブハゲで、中性脂肪高、悪玉コレステロールたっぷりのおっさんは、果糖も控えるように言われているのですが、夜の炭水化物は控えられても、果物を控えるのは無理ですね。

iPhone6のOSをiOS12にアップデートした

「した」と書きましたが、おっさんがしたのは、「ソフトウェア・アップデート」をタップして、少しの時間待っただけ。

 

 

アクティベートSimでのWi-Fi運用でもごく普通に行えました。所要時間も2時間弱だったような(夜勤の出勤準備をしながらだったのでほったらかしでした)。

 

 

2014年9月発売のiPhone6で、最新のOSが使えるというのは、やっぱりユーザーにとってもメリットがあるのかなあと思いますね。

 

iPhone 6 - Wikipedia

 

 

おっさんがメインで使っているGalaxy NOTE3の方は、2013年10月の発売ですが、OSはAndroidOS 5.0(Lolipop)で止まってますからね(最新のAndroidOSは9.0(Pie)みたいです)。

 

SC-01F - Wikipedia

Androidのバージョン履歴 - Wikipedia

 

 

9月25日:誤字修正

涼しくなってきたので久しぶりで煮物を作る

涼しくなってきて傷む心配が少なくなってきたので、大鍋で厚揚げと鶏手羽元と玉子を甘辛く煮てみました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180920163421j:plain

iPhone6にて撮影。「写真」アプリにて補正。

 

 

f:id:oldtypeossan:20180920163402j:plain

Galaxy NOTE3にて撮影。ホワイトバランスにて補正。

 

大量に作れる煮物は、炒め物より手がかからないので、これからの季節は大鍋に仕事をしてもらわないといけないですね。