「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

読書量を増やすための読書記録11 「ザ・シェフ1巻」

うわー、前回が漫画だったのに、また漫画だ。どの辺が読書やねんって感じですね。

 

 

昔、本屋で立ち読みしていた漫画がKindleで33円だったので懐かしさから購入してみました。

 

 

ザ・シェフ 1巻

ザ・シェフ 1巻

 

 

 

おっさんが、小学生のころ主に本を買っていた、最寄り駅の前の小さな本屋。

そこで、この漫画を立ち読みしていた思い出があります。今はもう漫画には全て立ち読み防止のナイロン?をかけていますが、当時はまだ立ち読みができたんですよね。

 

 

本が好きだったおっさんには、その本屋でも宝箱のように思えましたね、当時は。河出文庫チャーチル著の「第2次世界大戦」は4冊とも、そのお店で買いました。そこの店の主人と常連らしきおっちゃんが、「網野は思想は悪いけど、言ってることは正しい」というような会話をしていたのもいい思い出です。

 

 

第二次世界大戦〈1〉 (河出文庫)

第二次世界大戦〈1〉 (河出文庫)

 

 

 

第二次世界大戦〈2〉 (河出文庫)

第二次世界大戦〈2〉 (河出文庫)

 

 

 

第二次世界大戦〈3〉 (河出文庫)

第二次世界大戦〈3〉 (河出文庫)

 

 

 

第二次世界大戦〈4〉 (河出文庫)

第二次世界大戦〈4〉 (河出文庫)

 

 

 

当時は、地方のしがない本屋にもそういう本好きのおっちゃんが出入りして本を買っていたんですね。

 

 

網野というのは、網野善彦のことですね。

おっさんも「無縁・公界・楽」と「異形の王権」ぐらいは読んでますね。

 

 

  

 

異形の王権 (平凡社ライブラリー)

異形の王権 (平凡社ライブラリー)

 

 

 

高校になると、通学経路にある「旭屋書店」にほぼ毎日立ち寄っていたおっさんですが、リアル書店にはめっきり行かなくなりましたね。Kindleで懐かしい漫画に出会うのも少し寂しいような気がします。

 

 

前回

oldtypeossan.hatenablog.com