「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

読書量を増やすための読書記録25 銀河英雄伝説2野望篇

今日は朝から頭痛がひどいおっさんです。

 

銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

銀河英雄伝説〈2〉野望篇 (創元SF文庫)

 

 

 

英伝は2巻へ。

リップシュタット戦役での貴族連合とラインハルト陣営の戦いが主題です。リップシュタット盟約の盟主、ブラウンシュヴァイク公爵とその幕僚とのやり取りは袁紹とその幕僚のやり取りを思わせますね。

 

ラインハルトのモデルが曹操だから、それの対抗馬のモデルが袁紹というのは、まあ妥当なんでしょうね。

 

 

あとは、巻末でラインハルトの分身、ジークフリートキルヒアイスが死んでしまいます。著者は「ジークフリートキルヒアイスは早く殺しすぎた。ラインハルトの分身たるキルヒアイスは、ラインハルトの絶頂にこそ殺すべきだった。」と後悔しているらしいです。

 

 

しかし、キルヒアイスが死んで、すぐにラインハルトの転落が始まってしまうと、「はて?ではラインハルトは一人で立てない人物だったのではあるまいか?」とラインハルトの価値が下がってしまうような気がするので、多少は早いもののキルヒアイスが死ぬ時期はここで妥当だったような気もします。

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com