読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

紀の川北岸自転車生活 バーエンドバーをGravierに装着して試走行する

先日、購入したバーエンドバーをGravierに装着して、午前中に試験走行してきました。

 

トランズエックス JD-861A エルゴバーエンド ブラック JD-861A

トランズエックス JD-861A エルゴバーエンド ブラック JD-861A

 

 

バーエンドのキャップがなかなかに固く、留めているプラスネジを抜いてからも四苦八苦して、軍手をしてグリグリ回して汗をカキカキ引き抜いたのは内緒です。

 

 

その後、グリップのゴム?エラストマ樹脂?を1.5cm幅でカッターでカットしたのですが、この際も切り口が曲がりまくって不細工な切り口になったのも内緒です。

 

 

装着後は、こんな外観になっております。

 

f:id:oldtypeossan:20170511145610j:plain

 

f:id:oldtypeossan:20170511145628j:plain

 

f:id:oldtypeossan:20170511145645j:plain

 

なんだか、ちょっと操縦桿ぽいですね。

X-wingGravierで" May be Force with you "とか言いながら、おっさんは次回から出撃したいと思います。

 

 

https://www.instagram.com/p/BTyOEs9As9Z/

みさき公園裏の夕陽。

 

 

前回、夕陽を撮りに来たのと同じみさき公園の裏まで、行ってきました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170511150021j:plain

 

 

いつも夜勤明けにサイクリングに出かけているので、午前中にこの辺りに来たのは初めてかもしれないです。

 

 

で、肝心なバーエンドバーの使用感は、「三痛」でした。

 

1.前傾が強くなったためか、手首が振動でとても「痛」い。

 

2.前傾が強くなったためか、乗車姿勢が変わったようで、腰がとても「痛」い。

 

3.前傾が強くなったと感じたのに、お尻とシートの当たる場所が変わったのか、お尻がとても「痛」い。

 

 

慣れていくしかなのででしょうが、使用初日の感想は、「痛かった」です。

 

 

バーエンドバーを付けると、ハンドルが持ちやすくなるので、登り坂や巡航スピードでの移動中にペダルを踏みやすくなりスピートが上がるというような意見を眼にしたので、初日でも効果があるかな、と思ったのですが、同じ場所まで行った前回5月7日が20.43km/h、今回が20.96km/hで、ほとんど誤差程度の速度の向上しか、今日の段階ではなかったです。

 

 

トランズエックス JD-861A エルゴバーエンド ブラック JD-861A

トランズエックス JD-861A エルゴバーエンド ブラック JD-861A

 

 

ちなみにこの商品を選んだ理由は、バーエンドバーは金属製の物が多く売られているのですが、冬場の寒い日に金属製のバーエンドバーだと握ったときに冷え冷えで、寒さが倍増しそうであったため、樹脂製のこの製品を選択しました。

 

 

使いこんでいくことで、こいつとも仲良くなってGravierとおっさんのサイクルライフの向上に資してくれたらなと思っております。

 

 

ただ、目標の100km、20km/hはやっぱり遥かに遠いです。40km弱のみさき公園の裏まででも20km/hを越えての移動は、おっさんにはやっとこさです。