読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

「007 ゴールドフィンガー」をAmazonプライムビデオで見た

 

 

 

 

 

映画のストーリーよりもなによりも、この時代はまだニクソンのドルショック以前で、

アメリカ・ドルは兌換紙幣だった時代なんだと、それだけで十分ショッキングでした。

 

 

そんな時代の映画を見て楽しめるなんて、いやー、映画って本当にいいものですね。

 

 

ゴールドフィンガー氏といい、オッドジョブといい、

プッシー・ガロア女史(名前がプッシーだもん)といい、

なんだかコメディ色の強い映画だなという印象です。

 

 

そもそも、ジルはなぜ金粉を全身に塗られて殺されねばならなかったのか?

(金粉を塗りつけて皮膚呼吸できずに死ぬという設定らしい)

 

ジェームズ・ボンドもレーザーで殺そうとせずに、

全身に金粉を塗りつけて殺すようにするなら話はわかるんですが、

そうはなっていない。

 

ジルを金粉で殺す理由が何ひとつないように思う。

 

 

あとはプッシー・ガロアの寝返りの理由がよくわからないのが、

この映画に乗りきれない理由だと思うのですが、

次回作のフィオナが口にした台詞がその理由だとすると、

「おいおい」って感じです。

 

 

ボンド・ガールはプッシー・ガロア役のオナー・ブラックマン。

オナー・ブラックマン - Wikipedia

 

 

おっさんには正直、そのセクシーさがよくわかりませんでした。