読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

専門実践教育訓練給付についてハローワークで訊いてきた

ハローワークの帰りに図書館に寄ったら休館日でCDを返しそこなったおっさんです。

おかげで、明日も自転車をこいで出かけねばなりません。

連休二日目の明日は、うちでまなさんとまったりしたかったのに。

 

 

おっさんが来年の4月から勉強しようかと思っている資格は、精神保健福祉士といいまして、おっさんの場合は、学歴の関係等で受験資格を得るために一般養成という過程で勉強せねばなりません。

 

 

現在、関西圏で通信教育で受講できるのは3校。

大阪健康ほいく専門学校

日本メディカル福祉専門学校

京都医療福祉専門学校

 

 

www.fukushi996.ac.jp

 

 

学校法人瓶井学園 日本メディカル福祉専門学校 精神保健福祉士(通信)科

 

 

www.fukushi21.ac.jp

 

 

下世話な話、貧乏自慢のおっさんが最も気にかかるのは学費。

それぞれ、

 

大阪健康ほいく専門学校    518,000円

日本メディカル福祉専門学校  460,000円

京都医療福祉専門学校     490,000円

 

でした。それぞれの学校で減額してくれると書いているのは、

 

大阪健康ほいく専門学校

早期出願で▲10,000円 国家試験合格で▲30,000円  478,000円

日本メディカル福祉専門学校

早期出願で▲5,000円 施設長推薦で▲5,000円    450,000円

京都医療福祉専門学校

早期出願で▲30,000円 施設長推薦で▲50,000円   440,000円

 

 

目先の一万円は重要だ!京都医療福祉専門学校にしようと思ったのもつかの間、大阪健康ほいく専門学校にはとんでもない隠し玉が・・・・。

 

 

それがタイトルにも書いた専門実践教育訓練給付です。

教育訓練経費の40%が支給されると書いてあるので、478,000×(1-0.4)=286,800円

で済むことになります。

(他の2校の場合は、教育訓練給付制度が適用で、教育訓練経費の20%が支給)

 

 

そんなわけでおっさん本人が受給要件を満たしているのか確認しにハローワークに行ってきました。

 

 

結果としておっさんは受給要件を満たしているとのことで、支給要件回答書というのをハローワークでいただいて帰ってきました。

 

 

よっしゃー、ワハハハハハと高笑いしたいところなんですが、

大阪健康ほいく専門学校の短期養成は、厚生労働省の講座一覧で確認できるものの、

一般養成はリストアップされていないので、学校に確認してくれ、とのこと。

 

 

www.mhlw.go.jp

 

 

専門実践教育訓練給付の講座一覧

http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11800000-Shokugyounouryokukaihatsukyoku/0000080393_1.pdf

 

 

送られてきた資料や学校のホームページにも、指定講座に申請中と書いているので、そこは宙ぶらりんなんですよね。

 

 

明日、学校に確認の電話を入れるつもりなんですが、学校も「絶対に認可されます」というわけはないので、「認可されるべく鋭意努力しています」という返事が帰ってくるんだろうな。

 

 

厚生労働省に電話したら、認可の見込みとか教えて・・・くれないだろうな。

うーん。