読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

レターパックの到着と思い玄関を開けると

おっさんの独り言 在宅 和歌山 備忘録

そこは雪国でした。にはモルモン教の宣教師の方がいました。

 

モルモン宣教師 - Wikipedia

末日聖徒イエス・キリスト教会 - Wikipedia (モルモン教のこと)

 

 

「うわー、失敗した」と思いましたが、しばらく話を聞くことに。

 

 

家族は大事ですか?からはじまり、おっさんと宣教師さんが兄弟、人類は兄弟と発展していきました。なんだかそうなると、人類を兄弟とする要の位置に天皇が来るか、神様が来るかで、八紘一宇と変わらないような気がしました。

 

八紘一宇 - Wikipedia

 

 

まあ、ただそれぞれの信奉者によると、中心に何が来るかがとても大事なんでしょうけど、未知数Xということにしておいて、皆で仲良くすることはできなんでしょうかね?

 

 

背の高い方の長老さんは、アメリカのアイダホから来たそうな。

 

 

しかし、彼らをして極東の島国のそのまた端っこの和歌山まで来させる熱情は、理解し難いものがありますね。それとも、補陀落を夢見て渡海していった、補陀落渡海の行われた地である紀州と彼らの熱情は、呼びあうものがあるというべきでしょうか。

 

補陀落渡海 - Wikipedia

 

 

おっさん、以前も書いたかもしれないですが、井上靖の西域物にはまっている時に、「補陀落渡海記」も読みまして、名状しがたい衝撃を受けました。

 

補陀落渡海記 井上靖短篇名作集 (講談社文芸文庫)

補陀落渡海記 井上靖短篇名作集 (講談社文芸文庫)

 

 

 

なんでしょう、その情景が怖くて怖くてしょうがなかったという感じです。

 

 

井上靖は、存命中の大ブームが終わった感じで、忘れられた作家のようになっているのでいま読み返してみると案外面白いかもしれないですね。

 

 

「ならシルクロード博」、おとんに連れて行ってもらったなあ。めっきり口数が少なくなって得体の知れない存在になった息子とコミュニケーションするつもりだったのかな。そう思うと悪い息子だな。

 

なら・シルクロード博覧会 - Wikipedia

 

 

ちなみに教会に行く約束をしてしまったのですが、どうしようかな。

おっさんのことを「優しそうです」と言ってましたが、おっさん初対面の人に優しそうと言われたのは初めてかもしれないな。

 

 

15時30分:誤字修正