読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

Soloでそろりそろりと出かける 加太砲台跡あたりを散策する

先日の夜勤前に初めてSoloで来てみた加太の砲台跡。

 

 

その時は、散策路があることだけを発見して歩かずに帰ったので、今日は雨が降る前に歩いてみることにしました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331152636j:plain

 

 

「海への道」の途中にあった昔の砲台関連施設跡。

木に食われかかっていますね。

友ヶ島にある砲台跡はラピュタみたいらしいので、もっと大掛かりなんでしょうね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331155454j:plain

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331155510j:plain

 

 

同じく木に食われようとしているカンボジアのアンコール遺跡群とあまり大差なく見えたりしますね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331155650j:plain

 

 

海にたどり着くと、石積みの堤防が。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331155748j:plain

 

 

干潮時に堤防の先端で座禅を組むと、波の音を聞きながら悟りを開けそう・・な訳はないですね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331155911j:plain

 

 

「山の道」。

あちこちに整備の手が入っています。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331160037j:plain

 

 

地ノ島は見えますが、向こうの淡路島は見えないですね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331160117j:plain

 

 

説明板によると淡路島側にも砲台跡があるようです。

 

 

https://www.instagram.com/p/BSSAHKOAqrc/

なんか「生命」という感じ。

 

 

なんだか生えている木々も、おっさんの眼にはカンボジアとかぶって、南国風に見えたりします。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331160412j:plain

 

 

砲台跡にたどり着きました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331160457j:plain

 

 

Soloを停めていた説明板まで戻りました。

説明通り一周約45分でした。

歩く練習にはほど良い長さ。逆向きにもう一周歩いたりしてもいいかもです。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170331160751j:plain

 

 

ひさびさのSolo君。

暖かくなってきて拭いているので、少しきれいになりました。

 

 

今度は見通しのいい日に来れるといいかなあ。

それほど遠くないところにこういった施設があるのはありがたいですね。