読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

紀の川北岸自転車生活 初めての100kmライド達成

Giant Gravier(2017) 自転車 和歌山 おでかけ SC-02E

本日、夜勤明けのおっさん。

恒例の夜勤明けのサイクリングに出かけることにしました。今回は明日、あさってと連休なので明日、サイクリングに出かけても良かったのですが、あいにく雨の予報なので本日出かけることにしました。

 

 

とりあえず、東の方向で目標としている橋本駅にできるだけ近づこうと、水筒3つに甘いミルクティーを詰めこんで出発します。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170325230034j:plain

 

 

粉河市までやってきた際に、適当な河原を見つけたので最初の休憩を入れることにします。前回、紀の川市まで来た時にいい山だなと思った龍門山を河原から写します。龍門山に登る際には、この粉河が最寄り駅になるようです。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170325230315j:plain

 

 

栄養補給に持ってきたのは、炊飯器で蒸したさつまいも。

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

以前やってみてなかなか美味しかったので、再挑戦。

今回は甘太くんという、スーパーで袋に「甘さにこだわりました」みたいなキャッチフレーズのあったさつまいもを購入したところ、本当に甘くて美味しかったです。

 

 

 

 

お手頃な価格なら、またスーパーで買おう。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170325230804j:plain

 

初めて足を踏み入れたかつらぎ町の川。

 

 

心臓破りの激坂みたいなのがあったら撤退しようと思っていたのですが、そういったものはなく、橋本駅に到着。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170325231012j:plain

 

なんだかあっけなく橋本に来てしまいました。

 

 

駅前のベンチでたっぷり甘い紅茶を飲んで休憩。

再度おいもさんも口にします。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170325231144j:plain

 

楳図かずお先生が近隣の出身だということで、駅前にはまことちゃんがいます。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170325231306j:plain

 

橋本駅近辺の紀の川

 

 

帰りにはちょっとしたアクシデントがあり(それはまた改めて書きます)、夜勤の仮眠でほとんど眠れなかったこともあり、眠いけどテンションが高いような変な状態になっていました。

 

 

たぶん、文弱な自分が、そこそこ自転車に乗れている感覚がうれしくて仕方がないんでしょうね、おっさんは。

 

 

こいだらこいだだけ、力を増幅して進んでくれるような自転車がとても気持ちよく、日常から少しはみ出した景色を見せてくれる、この乗り物が心地よいのです。

 

 

職場の先輩が、クロスバイクを購入されたので、一緒にサイクリングしたり情報交換できるようになるのではないかと思うので、よりいっそう自転車が楽しめそうです。

 

 

今回のサイクリングは、102.98km、5時間28分32秒でした。

100kmサイクリングはかなり周到に準備しろ、みたいな記事を見たことがあったので、あっさりできてしまったなとうれしいような悲しいような。

 

 

今回はたどりつき、帰ってくるだけでやっとだったので、通過した街々の名所や旧跡を埋めるような形で、おっさんの和歌山に対する知識を充実させていけたらなと思っております。

 

 

これで、来年の正月の帰省は、自転車で行うめどが完全に立ったように思うので、なんだか楽しみです。来年の話をすると鬼が笑いますね。おっさんが来年の正月に元気で生きているという保証もないわけですし。

 

 

明日あさってはゆっくりして足を休めたいと思います。