読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

紀の川北岸自転車生活 夜勤明けサイクリングで和歌山マリーナシティへ

自転車 和歌山 おでかけ Giant Gravier(2017) SC-02E

帰宅したらお昼ごはんを食べてサイクリングに出かけようと思っていたのですが、不覚にも眠ってしまいました。

 

 

そりゃそうか、昨夜はほとんど仮眠できなかったから。

以前書いた、「フランク、ジャズを歌う」でも眠ることができませんでした。

 

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

最初にジョアン・ジルベルトで眠ろうとして眠れなかったのが、全ての失敗の素だったのかもしれない。

 

 

Chega De Saudade

Chega De Saudade

 

 

 

おかしいな、ボサノバなんか最高に眠れそうなのにな。

 

 

1時間半の睡眠から目覚めて、4時にサイクリングに出かけることにしました。

 

 

とりあえずJRの和歌山駅へ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320193112j:plain

 

 

最初は、北隣の近鉄百貨店の地下で御座候の大判焼きを赤白1つずつ買って、食べて帰ろうと思っていたのですが、もう少し走りたい気がしたので、国体道路を南に下ることにしました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320194021j:plain

 

 

浜の宮の海水浴場を橋の上から眺めて、

 

 

反対側もパシャリ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320194126j:plain

 

 

なんだかちょっとシュールな景色。

向こう側の煙突は海南の火力発電所(のはず)。

 

 

f:id:oldtypeossan:20170320194218j:plain

 

 

たどり着いたのはポルトヨーロッパ

これがヨーロッパなのかどうかは、ヨーロッパに足を踏み入れたことのないおっさんにはわかりません。

 

 

しかし、なぜ職場の仮眠ベッドは、どこでも寝られるおっさんをして、眠りにつかせないのか。

 

 

ちなみにおっさんは中国の電車の硬座でも、インドのツーリストバスじゃない普通の地元の人ばっかりのバスでも寝た、眠りの強者なのに、職場の仮眠ベッドでは寝られないのです。

 

 

あのベッド、なんか憑いているんじゃないだろうか。

 

 

本日のサイクリングは34.29km、2時間7分30秒でした。