読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

紀の川北岸自転車生活 おっさん以外のGravierを初めて路上で見た

きのうは早番だったおっさん。

5時に目覚ましで起きたものの同じ布団に入ってくれているまなさんをなでていると、暖かくて気持ちいいし、まなさんがゴロゴロいってくれるのがまた心地良いしで、布団から出るのが遅くなり、原付で通勤しました。

 

 

本来ならば、おっさんは去年の11月から乗っている、Giantという台湾のメーカーのGravier(グラビエ)というクロスバイク(2017年モデル)で通勤しています。

 

www.giant.co.jp

 

 

帰宅したときはまだ5時。陽がまだ落ちずに明るかったので、地元地方銀行と、LPガスの供給会社に送る郵便物を、和歌山中央郵便局まで自転車で投函しに行くことにしました(切手は貼っていたので、近所のポストに投函するだけでいいんですが)。

 

 

その途中、信号待ちで停まっていると、同じGiantの、少しタイヤの太いクロスバイクが目の前を通り過ぎていきました。

おっさんと同じグラビエでした。

帰ってきて調べてみると、同じGiantのGravierの2014年モデルの黒のようでした。

 

www.giant.co.jp

 

 

Giantのクロスバイクでも売れに売れているR3とは違い、太いタイヤとタイヤサイズ(一般的な700Cではなく、27.5インチ650B)のせいでしょうか、あまり人気がなさそうなGravier(グラビエ)なので、おっさんは自分の乗っている以外のグラビエの動いている姿を初めて見ました。

 

 

その人がどれぐらいの頻度で、どれくらいの距離を乗られているのかさっぱりわからないですが、まあ、とりあえず3年は使用することができるようなので安心しました。

 

 

おっさんはできれば10年は乗りたいと思っているのですが、欲張りすぎでしょうか。そうすれば、50,000円のクロスバイクでも1年あたり5000円。そう高い買い物でもなかったなと自分を納得させられるんですけどね。