読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

トンイ39話までを見て

第何話だったか忘れましたが、清からの王世子の冊封の使臣団が来た際に、シム・ウンテクが「軍事力の回復が殿下(王)の望みなのです」と言うようなことを言っていました。

 

 

おっさんはてっきり「文禄の役慶長の役から回復していないのか?」と思っていたのですが、その後に「丙子胡乱」で朝鮮は大ダメージを受けているのですね。

 

丙子の乱 - Wikipedia

 

 

1636年、後金のホンタイジが皇帝に即位し、国号を清と改め、朝鮮に対して臣従するよう要求したが、朝鮮の仁祖は要求を拒絶し、ホンタイジは朝鮮侵攻しました。

 

結果、

清軍は50万の朝鮮人捕虜を引き連れて満州に帰還した。この戦争によって朝鮮が受けた損害は計り知れない。

仁祖 - Wikipedia

 

これが起こったのが1636年。このドラマで扱っている年代が1694年あたりなので、まだ60年ぐらいしか経っていない時代のことですし、清軍は50万人に登る朝鮮人捕虜を引き連れて満州に帰還したとのことなので、朝鮮の経済はようやく戦争の疲弊から回復しつつあった頃なのでしょうね。

 

 

ほぼ同時代の、一度読んで、ぜんぜん内容を覚えていない「韃靼疾風録」でも読み返してみましょうかね。

 

 

韃靼疾風録〈上〉 (中公文庫)

韃靼疾風録〈上〉 (中公文庫)

 
韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)

韃靼疾風録〈下〉 (中公文庫)