読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

「安楽椅子探偵on stage」解答編を見逃し配信で見た感想

テレビ FMV-A8270 在宅

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

安楽椅子探偵」の解答編を見逃し配信で見てみました。

 

www.asahi.co.jp

 

 

資料室での掃除機の使用は、時計が7分遅れていることや、植木鉢の中のネックレスのビーズ?からおっさんはたどり着いていたので、コードレスクリーナーの存在について知らない楽太(被害者のため除外)、緑橋、江坂、田辺の4人(実質3人)に犯人は絞られていたのですが、もう一つのドライアイスを使ったペンキのトリックに気がつかなかったので、正解にたどり着けませんでした。

 

 

おっさんは単純に、舞台のイスを片付けるときの振動を利用して、イス上においたコップが倒れるような仕掛けを想定していたので、「誰でも仕掛け可能かな」と思っていました。

 

 

「舞台上で殺す必然性」を口にしていた江坂さんが犯人とは。

 

 

あと、天王寺の「自分の子供達はみんな(安楽椅子探偵を)信じていると疑わなかった」という父についての発言から、犯人は劇団の安楽椅子探偵否定派、緑橋、田辺、長田、駒川の4人が該当すると思い、先ほどの掃除機と併せて、緑橋か田辺が犯人だと思っていました。

 

 

でも、結果、大外れ。

 

 

まあ、おっさんはダメダメなミステリーファンだからなあ。

綾辻行人の「館」シリーズで犯人とトリックが多少なりともわかったのは、「迷路館の殺人」だけだもんな。

 

 

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

迷路館の殺人<新装改訂版> (講談社文庫)

 

 

 

それにしても、久しぶりの「安楽椅子探偵」、楽しませていただきました。

提供がつかないと放送できないと思うので、提供のハウス食品さん、ありがとうです。