読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

Soloでそろりそろりと出かける その27 ふたたびの和歌山市森林公園

SC-02E Honda Solo おでかけ 原付 和歌山

 

oldtypeossan.hatenablog.com

 

 

この森林公園、おっさんは西側の大川トンネルの脇から入り、南側のつつじヶ丘のちょっと西あたりに出る道を以前に通ったのですが、そこからまだ東に行く道への分岐があったので、今日はそこをSoloで走ってみました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20161225202501j:plain

 

 

しばらく行くと、和歌山の太陽の塔が現れました。

おっさんのSolo君も写っています。

 

 

太陽の塔を背にして見ると、

 

 

f:id:oldtypeossan:20161225202621j:plain

 

 

海に小さな船がたくさん浮かんでいるのが見えました。

肉眼で見るともっと鮮明だったのですが、スマホのデジタルズームなので仕方がないですね。

 

 

f:id:oldtypeossan:20161225202731j:plain

 

 

どうやら四国山という山の南麓を走っている道におっさんはいるようです。

ちなみにこの道路はよっぽど人通りが少ないのか、道には落石がごろごろしています。落ち葉も山盛りです。

 

 

そのまま東に走ると、東の方から走ってきた一台のバイクの方とすれ違いました。「お兄さん、この道はどこに通じているの?」みたいな感じで話しかけられて情報交換。おっさんが地の人じゃないのでうまく地名が出てこず、相手方にはあまり有効な情報ではなかったと思います。ごめんなさい。

 

 

おっさんは、旧の和歌山西高の脇に出るとの有効な情報をいただきました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20161225203215j:plain

 

 

木が切れると、和歌山北港の景色がきれいに広がっていました。

 

 

f:id:oldtypeossan:20161225203403j:plain

 

 

坂をおりてくると、いただいた情報通り学校前に出ました。和歌山西高校がなくなって和歌山さくら支援学校になっています。まだここでもけっこうな坂の上なので、通学は大変だろうな。

 

 

実は、大阪側に抜けられる道があるのではないかと思いSoloで走ったのですが、ありませんでした。残念です。