読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

J-comの営業がやってきた

貧乏自慢 在宅 和歌山 パソコン Fireタブレット

家主がJ-comをハイツ全体に導入してくれるとのことで、日を約束してJ-comの営業が我が家にやってきました。

 

 

「時間とらしてすいません」とか「忙しい中すいません」とか言わんのね。

 

 

家主が無料で導入してくれるのは「12M」のプラン。

 

 

「12Mは遅いので、ほとんどの皆さんが320Mコースにされます」って、おっさんは家主さんが払ってくれるから無料やけど、あんたらそれを有料で売ってるんやろ?

 

 

金出してそれを買ってくれている客に申し訳ないとは思わんの?

 

 

だいたい12Mがきちんと出たら別に遅くないよね。分配し過ぎて12Mに遠く及ばない速度で提供しているあんたらが悪いんやん。

 

 

おっさん、Wimax2+が3日3Gの制限に引っかかるので、良さげで安くなるのであれば乗り換えてもいいと思っていたのですが、どうもこの営業の態度が好かんかったので乗り換えませんでした。

 

 

だいたい、客に説明しているのにクリアファイルで扇ぎながら説明するって何事やねん。お前の営業所じゃなくて俺の家やぞ!!

 

 

案の定、無料の12Mにすると言った途端にふてくされたみたいな態度で、工事の日付を手帳見ながら、「20日以降なら20日で」と言ったら、「21」とだけ返答しやがる。「21日以降です」と普通に言葉で言えんのか。

 

 

結局、12Mでは通信が遅くて代替えを探すことになっても、絶対J-comとは契約の増量だけはするもんか。

 

 

17:03 誤字修正