読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

実習の事前訪問、スクーリングの行き帰りにて見た映画2本

Amazonプライムビデオに「カサブランカ」が入っていたので見てみました。

カサブランカ (映画) - Wikipedia

 

 

カサブランカ (字幕版)
 

 

 

ほぼ同じぐらいの時期に「風と共に去りぬ」もAmazonプライムビデオに入っているので見たいなと思っています。

 

 

一夜をともにした?女性に昨夜のことを訊かれて「そんな昔のことは忘れた」、今夜のことを訊かれて「そんな先のことはわからない」と応えるアメリカ人の酒場の経営者リックには、ある忘れられないパリの思い出があるのだった。

 

 

てな感じの紹介で良いでしょうかね?

 

 

同じ時期に「グラン・トリノ」もプライムビデオにラインナップされているので見てみたいのですが、「グラン・トリノ」はゆっくり休日に好きなおやつでも用意して見てみたいと思っています。

 

 

グラン・トリノ (字幕版)
 

 

 

もう一本見たのは、「眠狂四郎 勝負」。

 

 

眠狂四郎 勝負

眠狂四郎 勝負

 

 

 

何の気なしにダウンロードして見たのですが、なかなか良かったです。

 

 

movie.walkerplus.com

 

 

眠狂四郎 - Wikipedia

 

 

おっさんは柴錬の原作を読んだことがないので、原作が面白いから映画が面白いのか、監督脚本が巧いから映画が面白いのかわからないのですが、

 

 

初詣で知り合った老侍の気性を気に入った眠狂四郎が、自分の勝手だと身の危険を顧みず危地に飛びこむ姿は、かっこいいですね。

 

 

しかし、狂四郎が人を殺めた日には顔つきが怖いと気づいてくれる蕎麦屋のおつや坊には優しい笑顔も見せる、その差がやっぱりくらっときますよね。

 

 

采女役の藤村志保はとてもきれいだし。

以前別の映画で見たお姫様役の藤村志保もきれいでしたが、采女役も色気があってきれいでした。お年を召したいまもきれいなのですから当然でしょうね。

同時代に生まれていたらきっとファンになっていただろうな。

 

 

眠狂四郎のシリーズは、シリーズ全部がプライムビデオに入っているわけではないので、見られるものは見ていきたいと思います。

 

 

残念なことにプライムビデオに入っていても外れていくものもあるようで、「刑事ジョン・ブック目撃者」や「アメリカン・ビューティー」はウォッチリストに入れたまま、知らない間にプライムビデオから外れておりました。