読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

みやこめっせの古本市に行ってきた

おっさんの独り言 おでかけ 備忘録

きのうは夜勤明けのおっさん、

友人たちと約束していた京都、みやこめっせの古本市に行ってきました。

 

 

www.okeihan.net

 

 

おけいはんだと最寄り駅は神宮丸太町駅になってますが、

おっさんは三条駅からみやこめっせまで。

 

 

到着時間が2時30分頃で、そのままご飯を食べようということになったので、

おっさん実際のところはほとんど古本を見ていません。

 

 

お昼ごはんを食べたのはこちらのお店。

 

 

58diner.com

 

 

tabelog.com

 

 

合流したのは、おっさんを含めて4人。

以前は月に一度ペースで勉強会という名の読書報告会のようなものを行っていたメンバーで、こんなに顔を合わせるのはかなり久しぶりです。

昼食中の会話で再確認したのは、おっさん以外の3人はみな大学院卒なので、

他の三人さんと比べると、

おっさんは抽象的な思考力とか読書量では明らかに見劣りしますね。

まあ、そのへんは昔からわかっていることなので、気にはならないのですが。

 

 

 

おっさんは最近、本を読めてない状況なのでもしあったら買おうと、

狙いを定めていたのは次の本。

 

 

ロシア・アヴァンギャルド (岩波新書)

ロシア・アヴァンギャルド (岩波新書)

 

 

 

ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈上〉 (新潮文庫)

ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈上〉 (新潮文庫)

 

 

 

ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈下〉 (新潮文庫)

ゾルゲ 引裂かれたスパイ〈下〉 (新潮文庫)

 

 

 

新書や文庫なんて本のうちの入らねえとお怒りの諸兄には申し訳ない。

だだ残念ながら時間が短かったこともあり、発見することができませんでした。

 

 

その後は少し京都の街なかを散策し、移動して夕食。

夕食を食べたのはこちらのお店。

 

 

tabelog.com

 

 

40代の男性4人ともなれば夕食時の会話も明るい話題は少なめですが、

それでも久しぶりの再会の喜びが減じるものではありません。

 

 

その後、大阪までまとまって帰ってきて、大阪で帰宅経路に従って解散。

おっさんは大学が京都だったこともあり、やっぱり京都は懐かしい街、帰りたい街ですね。

京都は街のサイズがコンパクトなので、

自転車で十分な移動の足になるのも好きな点です。