読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

「孤島の鬼」読了

Fireタブレット 読書 貧乏自慢

3月20日に99円で購入した「孤島の鬼」を読了。

 

 

孤島の鬼

孤島の鬼

 

 

 

Amazonのレビューでは、かなりの高評価が連発なんですが、おっさんはあまりおもしろく感じませんでした。

 

 

以前読んだ、「黒蜥蜴」とか「幽霊塔」の方が断然面白く感じました。

 

 

黒蜥蜴

黒蜥蜴

 

 

 

幽霊塔

幽霊塔

 

 

 

たぶん、「孤島の鬼」におどろおどろしさを感じなかったのが面白くなかった原因なのだと思います。

 

 

あと下の描写、全然おいしそうに感じないのはおっさんだけでしょうか。

 

徳さんがどうして生きていたかと、不審にたえなかったが、なるほど、彼はカニの生肉で飢をいやしていたのだ。私たちはそれを徳さんに貰ってたべた。冷たくドロドロした、塩っぱい寒天みたいなものだったが、実にうまかった。私はあとにも先にも、あんなうまい物をたべたことがない