読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

「007 ロシアより愛をこめて」をAmazonプライムビデオで見た

「007」シリーズ、第2作「ロシアより愛をこめて」を見てみた。 

 

 

ロシアより愛をこめて (字幕版)

ロシアより愛をこめて (字幕版)

 

 

 

 

 

実は、もう5作目の「007は二度死ぬ」まで見終わっているので、

ストーリーが自分の中で交錯していきそうな気配。

 

 

f:id:oldtypeossan:20160202210801j:plain

 

 

ボンド・ガールはダニエラ・ビアンキ

とても清楚な美しさのある人で、オールドファンの「永遠の恋人」化しているのも、

納得の美しさ。

 

 

f:id:oldtypeossan:20160202210819j:plain

 

 

おっさんはエンド間近のダニエラ・ビアンキの衣装、上のスクリーンショットの若草色の服がとてもかわいらしいなと感心しました。

 

古い映画なのに、きれいな人が着ると古びていないところがいいですね。

 

 

ストーリーとしては、犯罪組織スペクターが仕掛けた工作なので仕方がない面はあるものの、全ての場面でスペクターが先回りしていて、諜報機関としてMI6は大丈夫なのか?と心配になっちゃいます。

 

 

ただ、先手を完全に打ったにもかかわらずスペクターの刺客グラントが、

「ついでに金貨もいただいちゃおう」と欲を出したばっかりに形勢逆転。

 

 

スペクターも優秀な人材には戦利品の私的な獲得を許すだけでなく、

きちんと報酬を前払しておくべきだな。

そうじゃないと、米ソの豊富な資金で組織内の人間を釣り上げられる気がする。