読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

体調不良中にAmazonプライムビデオで見た動画たち

Amazonプライムビデオ 映画

未来少年コナン」良かった!!

 

 

未来少年コナン 1 [DVD]

未来少年コナン 1 [DVD]

 

 

 

未来少年コナン 7<最終巻> [DVD]

未来少年コナン 7<最終巻> [DVD]

 

 

 

40年ぐらい前の作品なので、当たり前ながら絵が美麗なわけじゃないけど、

そんなこと関係なしにグイグイ引きこまれます。

 

 

「あっ、いまのポーズ、ナウシカと同じだぞ」とか

「いまのカット、ラピュタで同じようなカットがあったぞ」とか、

うれしい発見もあったりして、

Amazonプライム会員である間は何度でも見られるので、

また見ることになると思います。

 

 

ミッション:インポッシブル (字幕版)

ミッション:インポッシブル (字幕版)

 

 

 

スパイ大作戦」ファンからは評価が高くないらしい「MI」のシリーズですが、

おっさんは「007」のアメリカ版、トム・クルーズ編と思ってみているので、

さして不満はありません。 

 

 

M:I-2 (字幕版)

M:I-2 (字幕版)

 

 

 

「MI」のファンからすら見放されている「MI2」。

ジョン・ウー、過ぎて嫌」とか言われてかわいそうな「MI2」ですが、

おっさんはもちろん楽しく見ました。

 

 

M:i:III (字幕版)

M:i:III (字幕版)

 

 

 

 「MI2」と対照的に「本来のスパイ大作戦の路線に回帰しようとしている」と評価されている「MI3」ですが、おっさんはデイヴィアンがあっさりと死んじゃって、「なんじゃこりゃ!!」と思った作品。

 

というかイーサン・ハントって、自身と関わり合いになった外見偏差値60以上の女とは全部肉体関係を持っているのではないか?と、スパイとしての資質にすごく疑問を感じます(まあ、ジェームズ・ボンドもそうなんですけど)。

 

 

二百三高地

二百三高地

 

 

 

「MI」シリーズでハリウッド的なものはお腹いっぱいになったので、

おもいっきりコテコテの日本映画を見てみた。

 

おっさんは任侠ものはもひとつ乗らないので、戦争物に。

 

坂の上の雲」では、これ以上ないぐらいの愚将に描かれているらしい乃木希典ですが、本当のところどうなんだろうか?

 

「○○ならもっとうまくやった」というのは、結局のところ確認のしようがないからなあ。ちなみにおっさんは「坂の上の雲」は未読です。

 

 

司馬遼太郎の本については「経営者必読」なんて書かれることが多いですが、みんなが読んでいる本を読んで「学んだ、学んだ」と思っている経営者なんて「ろくなもんじゃねえだろ」と、おっさんは思っています。

 

京都の霊山護国神社坂本龍馬の墓参りに行って、

「俺も龍馬さんみたいになる」と書かれた瓦が置いてあるのを見て、

「きっとこいつは坂本龍馬みたいにはならないよな」と、

なんだか憑き物が落ちたみたいに、嫌になったんですよね、

維新の傑物に学んだり、戦国の英雄をなぞったりするのが。

 

うまく言葉にならないんですけど。

 

「自分が絶対に歴史上の英雄になんかなれない」

「むしろ、落語の八っつぁん、熊さんに近いんだ」とはっきりわかってから、

あまり三国志も読まなくなったし。

 

 

おっさんは戦乱の時代では真っ先に死ぬタイプの人間だと、自分ではっきりわかっているので、今の時代に生まれてよかったなと思っています。