「まなさんと一緒」の日々

一緒に暮らしている、猫のまなさんとの日常を記していきたいと思います。

読書

「はじめての日本古代史」を読み終えるーー読書量を増やすための読書記録36

ブログの更新がまばらになっている間に80%引で購入したちくま新書のうちの一冊を読み終えました。でも、読み終えてからすこし時間が経つので、もうすでに記憶があいまいで、要約して本の紹介をするという、今年の目標が果たせそうにありません。 oldtypeoss…

「もうやめとけよ」との声も聞こえてきそうながら本の購入

いやー、6月は結構本を買いました。 oldtypeossan.hatenablog.com oldtypeossan.hatenablog.com oldtypeossan.hatenablog.com でも、今回でそれも最後、だって6月が終わってしまいましたもの(オホホホホ)。 立ち寄った無印と同じ建物内にある書店でまたし…

おっさん、筑摩書房創業80周年フェア(今日まで)でKindle本をまとめ買いする

ツイッターで知った筑摩書房創業80周年フェア。 Kindle本が80%割引らしいので、ページを開いてさっそく購入。 www.amazon.co.jp さっそくと言いながら、15時頃から18時頃まで昼寝していたので時間が経っているのは内緒だ。 購入したのは10点。 世界史をつく…

Amazonで購入した本「アジールと国家」など3冊が届いた

今日はお休みのおっさん。 Amazonからのお荷物が到着。購入していた本が届きました。 先日購入した古本の著者の新刊「アジールと国家」。 oldtypeossan.hatenablog.com アジールと国家 (筑摩選書) 作者:正敏, 伊藤 発売日: 2020/02/13 メディア: 単行本(ソ…

購入した古本(中世後期の村落)が届いていた

前回の夜勤から帰宅したとき、郵便受けをのぞくと注文した古本が届いていました。 ビックポイントカードは宛名隠しです。深い意味はありません。 中身は 中世後期の村落―紀伊国賀太荘の場合 (中世史研究選書) 作者:正敏, 伊藤 メディア: 単行本 以前読んだ「…

おっさん、職場の同僚の方に借りた「チョコレートの世界史」を読み始める&唐突に読書についての今年の目標

きのう、職場の同僚の方から「しばらく勤務が重ならなかったので渡せなかったけど、前に話していたチョコレートの本を持ってきたよ」みたいなことを言われて渡されたのが、この本。 チョコレートの世界史―近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書) …

「はじめての短歌」を読み終えるーー読書量を増やすための読書記録35

そういえば、読書記録とかもつけていたなと思い出し、過去記事検索。 見事に中途半端に「34」で1年前に止まっていますね。 「3」とかで終わっていたらなかった事にできるし、「100」までやってたら一応「やったな」的雰囲気を醸し出せるけど実に中途半端。 …

読書メモ「鎌倉幕府と朝廷」の2

鎌倉幕府と朝廷〈シリーズ日本中世史 2〉 (岩波新書) 作者:近藤 成一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/03/19 メディア: 新書 P.34 承久三年(一二二一)五月十五日、後鳥羽は京都守護伊賀光季を討つとともに、義時の追討を五畿七道に対して命じる宣…

読書メモ「鎌倉幕府と朝廷」の1

鎌倉幕府と朝廷〈シリーズ日本中世史 2〉 (岩波新書) 作者:近藤 成一 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 2016/03/19 メディア: 新書 P.23 奥州合戦をもって内乱が終結し、頼朝の覇権が全国に及ぶことが示されたが って、この段階でここまで言ってしまってい…

おっさん、手帳を買いに出かけて本も買ってしまう

きのうになってようやく玄関ドアに貼っているカレンダーを今年のものに貼り替えたおっさんです。 もうね、おっさんみたいなロートル人間の場合、世間の流れの集団に遅れ遅れで付いていくのがやっとです。年が明けてもう10日も経つなんてうそみたいです。 そ…

神戸からの帰路に購入した本3冊

前々回のお休み、おでかけしたおっさんは帰りに本屋に立ち寄り、本を購入してきました。 まずは「執権」。 執権 北条氏と鎌倉幕府 (講談社学術文庫) 作者: 細川重男 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2019/10/12 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る …

読書メモ「五色の虹」の4

風邪ひきの間はまったく読書メモもつけられなかったので、ようやく続きが書けるようになりました。 五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 (集英社文庫) 作者: 三浦英之 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/11/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログを…

読書メモ「英国軍艦勇者列伝」の5

英国軍艦勇者列伝 作者: 岡部いさく 出版社/メーカー: 大日本絵画 発売日: 2012/05/01 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (2件) を見る P.103 1930年代になってくると、いろんな国の海軍がイギリスよりも強力そうな駆逐艦を建造するよう…

読書メモ「英国軍艦勇者列伝」の4

英国軍艦勇者列伝 作者: 岡部いさく 出版社/メーカー: 大日本絵画 発売日: 2012/05/01 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (2件) を見る P.44 ちょうどそのころ、イタリアのエチオビア侵攻に対応して地中海艦隊を派遣したイギリス海軍は…

読書メモ「五色の虹」の3

五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 (集英社文庫) 作者: 三浦英之 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/11/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 前回の読書メモ、著者の三浦英之さんにTwitterでリツイートしていただいてうれしかったおっさ…

読書メモ「英国軍艦勇者列伝」の3

英国軍艦勇者列伝 作者: 岡部いさく 出版社/メーカー: 大日本絵画 発売日: 2012/05/01 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (2件) を見る P.27 1943年にはエスカペイドは1番砲を、エクスプレス(ガティノー)は2番砲を撤去してヘッジホッ…

読書メモ「英国軍艦勇者列伝」の2

電車の中で付箋を貼りながら本を読んでいたのですが、そういう変な人を見かけたことがないなあと反省するおっさんです。 英国軍艦勇者列伝 作者: 岡部いさく 出版社/メーカー: 大日本絵画 発売日: 2012/05/01 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含…

読書メモ「五色の虹」の2

今日は所用で大阪に出かけたのですが、往復の電車内で「五色の虹」を読み終え、「英国軍艦勇者列伝」をかなり読み進められて、ごきげんなおっさんです。 五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 (集英社文庫) 作者: 三浦英之 出版社/メーカー: 集英社 発売日…

読書メモ「英国軍艦勇者列伝」の1

英国軍艦勇者列伝 作者: 岡部いさく 出版社/メーカー: 大日本絵画 発売日: 2012/05/01 メディア: 単行本 クリック: 12回 この商品を含むブログ (2件) を見る P.21 イギリス海軍の場合、トライバル級以前の駆逐艦はだいたい1クラス8隻+フロティラ・リーダー…

読書メモ「五色の虹」の1

五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 (集英社文庫) 作者: 三浦英之 出版社/メーカー: 集英社 発売日: 2017/11/17 メディア: 文庫 この商品を含むブログを見る 最近読み終えた「 幻のソ連戦艦建造計画」は面白かったのですが、今読んでいるこの「五色の虹…

読書メモ「幻のソ連戦艦建造計画」の4

幻のソ連戦艦建造計画―大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ (光人社NF文庫) 作者: 瀬名堯彦 出版社/メーカー: 潮書房光人新社 発売日: 2017/06/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る P.258 ロシア/ソ連海軍も、一九一七年にアレクサンドル…

読書メモ「幻のソ連戦艦建造計画」の3

幻のソ連戦艦建造計画―大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ (光人社NF文庫) 作者: 瀬名堯彦 出版社/メーカー: 潮書房光人新社 発売日: 2017/06/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る P.143 一九四三年九月、イタリアが連合軍に降伏すると、…

読書メモ「幻のソ連戦艦建造計画」の2

幻のソ連戦艦建造計画―大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ (光人社NF文庫) 作者: 瀬名堯彦 出版社/メーカー: 潮書房光人新社 発売日: 2017/06/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る P.66 レニングラード級をうわまわる大型嚮導駆逐艦一隻が…

読書メモ「幻のソ連戦艦建造計画」の1

幻のソ連戦艦建造計画―大型戦闘艦への試行錯誤のアプローチ (光人社NF文庫) 作者: 瀬名堯彦 出版社/メーカー: 潮書房光人新社 発売日: 2017/06/01 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (1件) を見る P.57 ソビエト政権が誕生して数年間、ソ連海軍は荒廃状態…

読書メモ「漢帝国」の2

漢帝国―400年の興亡 (中公新書) 作者: 渡邉義浩 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2019/05/21 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る P.21 氏族制の解体が最も遅れていた国は、楚であった。楚は、国全体の武力としては秦に負けないものを持ってい…

読書メモ「漢帝国」の1

漢帝国―400年の興亡 (中公新書) 作者: 渡邉義浩 出版社/メーカー: 中央公論新社 発売日: 2019/05/21 メディア: 新書 この商品を含むブログを見る P.8 項羽軍は、阿房宮から美女や財宝を略奪し、火をかけられた咸陽は、廃墟となった。劉邦の建国する漢が、こ…

積むだけなのに本購入

どうせいま買っても読みきれずに積むだけなのになあと思いながら、本を購入。 先日の「河鍋暁斎」展で「蘭陵王図」を見たので、田中芳樹の「蘭陵王」を購入。 蘭陵王 (文春文庫) 作者: 田中芳樹 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/03/09 メディア: 文…

おっさん、片岡義男の本を電子書籍で初めて読む

先日、AmazonのKindleストアを見ていると、片岡義男の「珈琲が呼ぶ」という電子書籍が安くで売られていました。 珈琲が呼ぶ 作者: 片岡義男 出版社/メーカー: 光文社 発売日: 2018/01/17 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログ (8件) を見…

読書メモ「紫禁城の黄昏」の1

紫禁城の黄昏 (岩波文庫) 作者: レジナルド・フレミングジョンストン,入江曜子,春名徹 出版社/メーカー: 岩波書店 発売日: 1989/02/16 メディア: 文庫 クリック: 6回 この商品を含むブログ (12件) を見る P.76 (略)状元であった。これは中国人に開かれてい…

読書メモ「社会学用語図鑑」の13

社会学用語図鑑 ―人物と用語でたどる社会学の全体像 作者: 田中正人,香月孝史 出版社/メーカー: プレジデント社 発売日: 2019/02/28 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る P.232 対人サービスは、肉体の労働以上に感情のコントロー…